高松市立山田中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高松市立山田中学校
過去の名称 山田町立山田中学校
国公私立 公立学校
設置者 高松市
併合学校 山田町立川島中学校
山田町立十河中学校
山田町立東植田中学校
山田町立植田中学校
校訓 理想・友愛・努力
設立年月日 1957年昭和32年)4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 761-0443
香川県高松市川島東町1257番地1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

高松市立山田中学校(たかまつしりつ やまだちゅうがっこう)は、香川県高松市川島東町にある市立中学校

概要[編集]

高松市南東部の郊外地域に位置する中学校である。

学校データ[編集]

  • 生徒数:620人(2011年度[1]
学校施設(2010年5月1日時点)[1]
  • 普通教室:22教室
  • 特別教室:17教室
  • 校舎面積:5152m2
  • 体育館面積:804m2
服装規定
  • 制服:あり(通年必用)
  • 防寒着:あり[2]

歴史[編集]

1957年昭和32年)4月1日山田町立川島中学校、町立十河中学校、町立東植田中学校、町立植田中学校を統合し開校した。この4中学校は2年前の1955年(昭和30年)4月1日に山田町として新設合併した旧川島町、旧十河村、旧東植田村、旧西植田村の旧町村立中学校で、4町村の山田町への合併を機に統合が検討された。そして、山田町立山田中学校発足から9年後の1966年(昭和41年)7月1日には山田町が高松市へ合併し、それに伴い校名も高松市立山田中学校に改称された。

年表[編集]

全校生徒数の推移[編集]

山田中学校の生徒数は減少傾向にある[3][4][1]

  • 1999年度:734人
  • 2000年度:715人(-19人)
  • 2001年度:686人(-29人)
  • 2002年度:700人(+14人)
  • 2003年度:670人(-30人)
  • 2004年度:687人(+17人)
  • 2005年度:663人(-24人)
  • 2006年度:664人(+1人)
  • 2007年度:660人(-4人)
  • 2008年度:677人(+17人)
  • 2009年度:663人(-14人)
  • 2010年度:632人(-31人)
  • 2011年度:620人(-12人)

教育目標[編集]

人間尊重の理念に徹し、主体的に徳・知・体の調和と伸長を図り、豊かな人間形成を自らめざす生徒を育成する

生徒像
  • 豊かな心を持つ生徒
  • 自らの生き方、進路を考え、実践できる生徒
  • 主体的に学習や運動に取り組む生徒
  • けじめがあり、きまりを守る生徒

通学区域[編集]

通学区域は高松市川島地区十河地区西植田地区及び東植田地区の全域[5]

  • 高松市
    • 川島本町
    • 川島東町
    • 由良町
    • 十川東町
    • 十川西町
    • 亀田南町
    • 小村町
    • 西植田町
    • 池田町
    • 東植田町
    • 菅沢町

進学前小学校[編集]

校区内の主な施設[編集]

交通[編集]

  • ことでんバスサンメッセ・川島・西植田線 川西バス停より徒歩12分(1.0km)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 平成23年度版統計表(11 教育・文化(その1)) (エクセル)”. 高松市 (2012年5月1日). 2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 古田忠弘; 大西正明; 泉川誉夫; 山下淳二 (1999年11月29日). “シリーズ追跡「寒い学校 規制の実情」”. 四国新聞. http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/075/ 2012年6月4日閲覧。 
  3. ^ 平成16年度版統計表(11 教育・文化(その1)) (エクセル)”. 高松市 (2005年5月1日). 2012年6月4日閲覧。
  4. ^ 平成22年度版統計表(11 教育・文化(その1)) (エクセル)”. 高松市 (2011年5月1日). 2012年6月4日閲覧。
  5. ^ 高松市立小中学校校区一覧(学校名) (PDF)”. 高松市 (2010年5月1日). 2012年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

隣接する市立中学校