高松智美ムセンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高松智美ムセンビ Portal:陸上競技
Tomomi Musembi Takamatsu at Ibaraki Kokutai.jpg
選手情報
フルネーム たかまつ ともみ ムセンビ
ラテン文字 Tomomi Musembi TAKAMATSU
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
所属 名城大学
生年月日 (2000-02-23) 2000年2月23日(21歳)
出身地 大阪府
1500m 4分16秒52
3000m 8分58秒63
5000m 15分26秒76
 
獲得メダル
陸上競技
アジアクロスカントリー選手権
2018 貴陽 ジュニア6km
2018 貴陽 ジュニア団体
アジアジュニア選手権
2018 岐阜 1500m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高松智美ムセンビ(たかまつ ともみ ムセンビ、2000年2月23日 - )は、日本陸上競技選手、中距離走長距離走。アジアクロスカントリー選手権・ジュニア団体金メダリスト。父は 2001年 長野マラソンで優勝したケニア人のマクセル・ムセンビ、母は日本人。高松望ムセンビは姉[1]

経歴[編集]

大阪薫英女学院中学校・高等学校卒業。中学時代から姉・高松望ムセンビを追って多くの大会で活躍した。ジュニアオリンピック3000mで優勝し、全国女子駅伝2区では2年連続で区間賞も獲得した。

高校時代には、中学から競い合ってきた田中希実(西脇工業)、和田有菜(長野東)らともにトラック駅伝クロスカントリーで活躍した。高2の時に全国高校駅伝で2区で区間2位となりチームの優勝に貢献し、翌年には連覇を狙うも果たせなかった。

駅伝の強豪名城大学に進学すると、同期の和田有菜、1歳上の加世田梨花などチーム内でも競い合い、特にトラック種目で大きく実力を伸ばした。1年生で、第102回日本陸上選手権1500mで優勝し、日本インカレでも1500m・5000mの2冠を制した。チーム初の大学駅伝2冠(全日本大学女子駅伝富士山女子駅伝)にも貢献した。

しかし、2年生後半以降、故障のために主要大会ではほとんど活躍できない不本意な状況になっている。各種の大会での記録が前年を下回り、全国女子駅伝では区間順位が大きく下がった。それでも大学駅伝では2年連続の2冠に貢献するなどの活躍は見せた。

特徴[編集]

身長148cmと小柄だが大きなストライドで力強く前進する走法である。トラックでのラストスパートの切れ味は抜群で、それを武器に大きなタイトル(日本選手権、日本インカレ、クロスカントリ-日本選手権)を獲得してきた。2段階の動きでストライドを伸ばす独特のランニングフォームは迫力さえ感じさせる。

大学2年に入ると思うような記録を出すことできないレースが続いた。特に5000mでの不振は陸上ファンに大きな心配をかけている。独特のランニングフォームは下肢への負担、特に股関節への負担が大きいのではないかという心配をしている人がおりその心配が現実になったようだ。今後は1500mが活躍の場になると思われるが、故障が回復して早く本来の走りを見たいと願うファンが多い。

主な記録[編集]

大会 種目 順位 備考
2013年 千葉国際クロスカントリ- 中学女子3㎞ 6位[2]
全日本中学陸上(愛知) 1500m 2位[3]
ジュニアオリンピック B1500m 3位[4]
2014年 全国女子駅伝 3区 区間賞 大阪府9位[5]
全日本中学陸上(香川) 1500m 2位[6]
第69回国民体育大会(長崎) 少年B1500m 3位[7]
ジュニアオリンピック A3000m 優勝[8]
2015年 全国女子駅伝 3区 区間賞 大阪府優勝[9]
千葉国際クロスカントリ- 中学女子3㎞ 優勝[10]
和歌山インターハイ2015 3000m 7位[11]
全国高校駅伝女子 2区 区間4位 薫英女学院高校3位[12]
2016年 全国女子駅伝 5区 区間5位 大阪府12位[13]
岡山インターハイ2016 3000m 3位[14]
第71回国民体育大会(岩手) 少年A3000m 4位[15]
全国高校駅伝女子 2区 区間2位 薫英女学院高校優勝[16]
2017年 全国女子駅伝 2区 区間5位 大阪府12位[17]
クロスカントリー日本選手権 ジュニア6km 優勝[18]
世界クロスカントリー選手権 ジュニア6km 15位 日本団体4位[19]
山形インターハイ2017 3000m 6位[20]
全国高校駅伝女子 2区 区間2位 薫英女学院高校3位[21]
2018年 全国女子駅伝 2区 区間2位 大阪府5位[22]
クロスカントリー日本選手権 ジュニア6km 2位[23]
アジアクロスカントリー選手権 ジュニア6km 銅メダル 日本団体金メダル[24]
アジアジュニア陸上選手権 1500m 銀メダル[25]
第102回日本選手権(山口) 1500m 優勝[26]
U20世界選手権 5000m 7位[27]
日本インカレ 1500m 優勝[28]
日本インカレ 5000m 優勝
全日本大学女子駅伝 3区 区間賞 名城大学優勝[29]
大学女子選抜(富士山女子)駅伝 7区 区間2位 名城大学大会記録[30]
2019年 全国女子駅伝 1区 区間12位 大阪府3位[31]
クロスカントリー日本選手権 シニア8km 3位[32]
日本学生個人 1500m 2位[33]
第103回日本選手権(福岡) 1500m 4位[34]
第30回夏季ユニバーシアード・ナポリ大会 5000m 7位[35]
第74回国民体育大会(茨城) 成年共通5000m 15位[36]
全日本大学女子駅伝 2区 区間賞 名城大学優勝[37]
大学女子選抜(富士山女子)駅伝 2区 区間5位 名城大学優勝[38]
2020年 全国女子駅伝 2区 区間29位 大阪府8位[39]
クロスカントリー日本選手権 シニア8km 10位[40] 名城大学団体優勝
日本インカレ 1500m 優勝
第104回日本選手権(新潟) 1500m 7位
全日本大学女子駅伝 6区 区間2位/区間新 名城大学優勝
大学女子選抜(富士山女子)駅伝 1区 区間4位 名城大学優勝

脚注[編集]

  1. ^ ベッタから挑む、陸上再出発の夏 高松望ムセンビ19歳”. 朝日新聞. 2018年3月16日閲覧。
  2. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ TOP8”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  4. ^ TOP8”. jaaf. 2020年2月13日閲覧。
  5. ^ リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  6. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  7. ^ リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  8. ^ TOP8”. jaaf. 2020年2月13日閲覧。
  9. ^ リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  10. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  11. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  12. ^ 女子駅伝”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  13. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  14. ^ Top8”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  15. ^ リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  16. ^ 総合成績”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  17. ^ 総合成績リスト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  18. ^ 上位8位”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  19. ^ U20 RACE WOMEN”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  20. ^ リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  21. ^ 女子駅伝”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  22. ^ リザルト”. jaaf. 2018年2月10日閲覧。
  23. ^ 上位8位”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  24. ^ 日本代表選手リザルト”. jaaf. 2018年3月16日閲覧。
  25. ^ 決勝一覧表”. jaaf. 2019年1月19日閲覧。
  26. ^ 1500m 決勝”. jaaf. 2018年8月6日閲覧。
  27. ^ 決勝一覧表”. jaaf. 2019年1月19日閲覧。
  28. ^ 決勝一覧表”. iuau. 2019年1月19日閲覧。
  29. ^ 総合成績”. iuau. 2019年1月19日閲覧。
  30. ^ 大会結果”. iuau. 2019年1月19日閲覧。
  31. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  32. ^ 上位8位”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  33. ^ リザルト”. iuau. 2020年2月9日閲覧。
  34. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  35. ^ 日本選手成績”. juau. 2020年2月9日閲覧。
  36. ^ 決勝一覧”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。
  37. ^ 総合成績”. iuau. 2020年2月10日閲覧。
  38. ^ 大会結果”. iuau. 2020年2月10日閲覧。
  39. ^ リザルト”. jaaf. 2020年2月10日閲覧。
  40. ^ 2020クロカン日本選手権”. jaaf. 2020年2月9日閲覧。