高松琴平電気鉄道80形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高松琴平電気鉄道80形電車(たかまつことひらでんきてつどう80がたでんしゃ)は、高松琴平電気鉄道に在籍した通勤形電車

概要[編集]

山陽電気鉄道の前身、兵庫電気軌道が新製した36形がその前身で、1921年日本車輌製造製である。1949年に4両が琴電に譲渡され、80形81 - 84として長尾線・志度線で使用された。木造車(一見鋼製車に見えるが、木造の外板の上に鋼板を貼ったいわゆる「ニセスチールカー」)であったため、1967年までに全車廃車となった。

参考文献[編集]

  • 川波伊知郎「琴電の車輌大全集」 - JTBキャンブックス『琴電-古典電車の楽園』(後藤洋志著 / ISBN 4533048579 / 発行:JTB)内