高松琴平電気鉄道850形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
850
850+760 瓦町

高松琴平電気鉄道850形電車(たかまつことひらでんきてつどう850けいでんしゃ)は、高松琴平電気鉄道に在籍した通勤形電車。1両(850)のみ存在した。

概要

  • もと南武鉄道クハ250形(253)である。1942年(昭和17年)に汽車会社で製造された17m級の半鋼製車の制御車である。国鉄時代の1953年の称号改正でクハ6010(6012)となる。1963年(昭和38年)に廃車となり、高松琴平電気鉄道に譲渡された。
  • 高松琴平電気鉄道では、制御車850形(850)として琴平線に入線。琴平線の大型化により1981年(昭和56年)に長尾線に転属。1994年(平成6年)、瓦町駅近代化に伴う志度線分断により、志度線に転属となる。
  • 志度線では、主に65と固定編成で使用されていたが、600形・700形の増備に伴い、1998年(平成10年)に廃車となった。

車両諸元

  • 全長:17,000mm
  • 全幅:2,840mm
  • 全高:3,880mm
  • 重量:25.0t
  • 定員:112名(座席44名)
  • 台車:KBD-104

今日は何の日(11月13日

もっと見る