高柳広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高柳 広(たかやなぎ ひろし、1965年10月7日 - )は、日本の医学者整形外科医東京医科歯科大学教授。骨免疫学(osteoimmunology)の開拓者であり、リウマチの研究でも名高い。東京都出身[1]

研究職歴[編集]

受賞(学術賞)歴[編集]

  • 1997年 米国骨代謝学会(Young Investigator's Award)
  • 2002年 井上研究奨励賞
  • 2002年 国際サイトカイン学会(Young Investigator Award)
  • 2002年 サイエンス誌若手科学者賞
  • 2004年 ノバルティス・リウマチ医学賞
  • 2004年 日本リウマチ学会賞
  • 2004年 アメリカ骨代謝学会(Fuller Albright Award)
  • 2005年 日本学術振興会
  • 2005年 日本学士院学術奨励賞
  • 2005年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞受賞
  • 2005年 文部科学省・科学技術政策研究所が選ぶ科学技術への顕著な貢献 in 2005(ナイスステップな研究者)
  • 2006年 東京テクノ・フォーラム21 ゴールド・メダル賞
  • 2006年 オーストリア骨代謝学会(2006 International Research Prize)
  • 2018年 上原賞

おもな研究業績[編集]

  • Takayanagi, H. et al. Nature 408, 600-5 (2000)
  • Takayanagi, H. et al. Nature 416, 744-9 (2002)
  • Takayanagi, H. et al. Dev Cell 3, 889-901 (2002)
  • Kim, S. et al. Genes Dev 17, 1979-91 (2003)
  • Koga, T. et al. Nature 428, 758-63 (2004)
  • Koga, T. et al. Nat Med 11, 880-5 (2005)
  • Sato, K. et al. Nat Med 12, 1410-6 (2006)
  • Takayanagi, H. Nat Rev Immunol 7, 292-304 (2007)
  • Asagiri, M., et al. Science 319, 624-7 (2008)
  • Shinohara, M., et al. Cell 132,794-806 (2008)
  • Takayanagi, H. Nat Rev Rheumatol 5(12), 667-76(2009)
  • Okamoto, K., et al. Nature 464, 1381-5(2010)
  • Nakashima, T., et al. Nat Med 17, 1231-4 (2011)
  • Negishi-Koga, T., et al. Nat Med 17, 1473-80 (2011)
  • Hayashi, M., et al. Nature 485(7396), 69-74 (2012)
  • Takayanagi, H. Nat Rev Rheumatol 8(11), 684-9(2012)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.415