高柳良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかやなぎ りょういち
高柳 良一
生誕 (1964-01-31) 1964年1月31日(55歳)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

高柳 良一(たかやなぎ りょういち、戸籍上の表記は髙栁 良一1964年1月31日 - )は日本の元俳優編集者。現在はニッポン放送の総務部長。身長178cm。東京都出身。

人物・経歴[編集]

慶應義塾高等学校在学中の1981年に、角川春樹事務所が『ねらわれた学園』の制作で催した薬師丸ひろ子の相手役オーディションで、選出されて同作へ出演し、以後角川映画でヒロインの相手役を多く務めた。

1986年に、慶應義塾大学法学部卒業とともに俳優業を退いて角川書店に入社し、雑誌『野性時代』の編集などを担当した。宮脇俊三の『インド鉄道紀行』の取材に編集者として同行していた。1994年に角川書店を退社してニッポン放送に入社し、現在は総務部長を務める。

俳優業からは引退して久しいが、ニッポン放送入社後には雑誌『ログアウト』『ザ・スニーカー』などにエッセイを連載したこともある。

2008年12月20日フジテレビ系列で放送された『決定!!芸能界100人アンケート 今見たい聴きたいベストヒット!』の「もう一度会いたい俳優」のコーナーに出演。ニッポン放送の営業促進部で副部長を務めていると紹介される。2014年1月7日フジテレビ系列で放送された『芸能人今でもスゴい!懐かしの100人すべて見せます生放送スペシャル!』に出演。 2011年5月7日に有楽町でおこなわれた『時をかける少女』の上映会後の大林宣彦原田知世のトークイベントに客席から参加し、28年ぶりとなる3人の「3ショット」も披露した[1]。原田によると今でも高柳とは家族ぐるみでの親交があるという。

出演作品[編集]

映画[編集]

すべて(旧)角川春樹事務所作品。

ドラマ[編集]

ビデオクリップ[編集]

エピソード[編集]

  • 慶應義塾高校時代に漢文の教師であった瞳みのるに映画出演の相談をしている。ちなみに映画『時をかける少女』では、岸部一徳に漢文を習い、実生活では瞳みのるに漢文を習うという、ザ・タイガースつながりの稀有な経験をしている。
  • 『時をかける少女』で未来人である深町一夫役を演じた際、監督の大林宣彦は高柳にあえて「棒読み」調のセリフ回しをするよう演技指導したという。
  • 角川書店の編集者時代、担当編集者として鉄道紀行家の宮脇俊三と一緒にインドに鉄道旅行をする。詳細は「インド鉄道紀行(角川書店 1990年4月30日 ISBN 9784048832540)」に掲載。宮脇は同著で高柳のことを「物静かで俳優経験者のようには見えない」と書いている。
  • 『時をかける少女』でも共演した角川映画の女優だった津田ゆかりと結婚したという情報がネット上で広まっているが誤りであり、大林宣彦の著書「A MOVIE」には、映画『ねらわれた学園』のクラスメート役の共演者と結婚したとある。

脚注[編集]