高柳金芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高柳 金芳(たかやなぎ かねよし、1910年-1985年5月)は、在野の歴史家、江戸時代研究家。

埼玉県川越市生まれ。1931年明治大学政治経済学部卒業。会社生活のかたわら、江戸時代史に関する研究と執筆を続ける[1]

著書[編集]

  • 『江戸城大奥の生活』雄山閣 1965
  • 『江戸時代御家人の生活』雄山閣出版 1966
  • 『江戸時代非人の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1971
  • 『江戸時代部落民の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1971
  • 『幕末の大奥』雄山閣歴史選書 1974
  • 『非人溜 溜預けの制度を中心として』同信舎 江戸時代下層民生活シリーズ 1978
  • 『江戸時代被差別身分層の生活史』明石書店 1979
  • 『図説江戸の下級武士』柏書房 1980
  • 乞胸と江戸の大道芸』柏書房 1981
  • 『江戸の大道芸』柏書房 1982
  • 隅田川と江戸庶民の生活』国鉄厚生事業協会 弥生叢書 1984
  • 『大奥の秘事』雄山閣 江戸時代選書 2003 のち光文社知恵の森文庫
  • 『御家人の私生活』雄山閣 江戸時代選書 2003
  • 『徳川妻妾記』雄山閣 江戸時代選書 2003

校注[編集]

  • 『史料徳川夫人伝』校注 人物往来社 1967
  • 小野清『史料徳川幕府の制度』校注 人物往来社 1968

[編集]

  1. ^ 『大奥の秘事』著者紹介