高梨秀政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
高梨秀政
時代 戦国時代
生誕 大永8年(1528年
死没 元亀3年(1572年
主君 上杉謙信小笠原氏
氏族 高梨氏
父母 父:高梨政頼[1]、母:岩井式部大輔成能娘?
兄弟 頼治秀政中条景資正室、頼親
於北(真田信綱正室)、内記?

高梨秀政(たかなし ひでまさ)は、戦国時代武将

略歴[編集]

高梨政頼、あるいは高梨清秀(政頼の叔父、兄弟か)の子として誕生。

高梨氏信濃国北部の有力国人であったが、政頼の代には甲斐武田氏の信濃進出に押され越後国長尾氏上杉氏)に従い、従属色を強めていた。秀政は第四次川中島の戦いに参戦し活躍したが、高梨氏の旧領回復はならなかった。

政頼の後半生に不明な部分が多いため、秀政の動静も判然としないが、後に上杉氏から離反したらしく遠江国高天神城小笠原氏(高天神小笠原氏)に従っている。第一次高天神城の戦いで武田氏と戦ったが敗れ戦死した。

脚注[編集]

  1. ^ 高梨清秀説も。

関連項目[編集]