高梨頼治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
高梨頼治
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文24年(1555年
別名 通称:源五郎
氏族 高梨氏
父母 父:高梨政頼、母:岩井式部大輔成能娘?
兄弟 頼治秀政中条景資正室、頼親
於北(真田信綱正室)、内記?
正室:村上義清

高梨 頼治(たかなし よりはる)は、戦国時代武将

略歴[編集]

高梨政頼の子として誕生。

高梨氏信濃国北部の有力国人であり、近隣の信濃村上氏と勢力を競っていたが、甲斐国武田晴信が信濃に進出すると、和睦して、共に甲斐武田氏とあたるようになった。のちに両氏の和睦の証として頼治は村上義清の娘を娶った。

天文24年(1555年)、第二次川中島の戦いで討死したと言われているが、このとき真田幸綱に重傷を負わせるほど奮戦したという。 

出典[編集]

  • 『信濃高梨一族』(志村平治)

関連項目[編集]