高梨駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高梨駅
たかなし
Takanashi
片貝 (3.7km)
(2.5km) 小粟田
所在地 新潟県小千谷市高梨
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 魚沼線
キロ程 7.4km(来迎寺駅起点)
電報略号 タナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
12人/日(降車客含まず)
-1981年-
開業年月日 1911年(明治44年)9月14日
廃止年月日 1984年(昭和59年)4月1日
テンプレートを表示

高梨駅(たかなしえき)は、かつて新潟県小千谷市高梨に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)魚沼線廃駅)である。

魚沼線の廃止に伴い、1984年(昭和59年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時は、単式1面1線のホームを有する無人駅であった。

歴史[編集]

  • 1911年明治44年)9月14日 - 魚沼鉄道の高梨停留所として、路線の開業と同時に新設。旅客・荷物を取り扱い。
  • 1912年(明治45年)7月23日認可 - 停車場に変更。
  • 1922年大正11年)6月15日 - 魚沼鉄道の国有化により、国有鉄道・魚沼線の駅となる。
  • 1944年昭和19年)10月16日 - 魚沼線が不要不急線として、当面の間営業休止となる。
  • 1954年(昭和29年)8月1日 - 新線上に移転し、営業を再開。同時に荷物の取り扱いを廃止し、無人駅化。
  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 魚沼線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
魚沼線
片貝駅 - 高梨駅 - 小粟田駅

1913年大正2年)から1914年(大正3年)までの間、片貝駅との間に池津駅(貨物駅)があった。