高梨高信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
高梨高信
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 寿永2年(1183年
別名 次郎
主君 源義仲
氏族 清和源氏井上氏高梨氏
父母 父:高梨盛高
正室:中原兼遠
朝時?

高梨 高信(たかなし たかのぶ)は、平安時代末期の武将

略歴[編集]

高梨氏清和源氏頼季井上氏の一族で、平安時代中期に信濃国北部に栄えた土豪である。

治承・寿永の乱において従兄弟である高梨忠直らと共に、源義仲傘下に入る。これは中原氏を介した婚姻関係から来るもので、当時は女系血縁が比較的重要であったことがわかる。越後国城助職率いる平家方の軍を破るなど戦功を挙げるが、寿永2年(1183年)、備中国水島の戦い平重衡教経知盛らと戦って敗死した。この戦で足利義清義長兄弟や外戚の海野幸広も討たれている。

なお、同輩の高梨忠直は京都六条河原で刑死した。