高橋ヨシ江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 ヨシ江 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム たかはし よしえ
ラテン文字 Yosghie TAKAHASHI
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 走幅跳
生年月日 (1932-04-15) 1932年4月15日(86歳)
出身地 群馬県群馬郡東村
(現在の前橋市
引退 1956年
走幅跳 5m93
 
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
アジア競技大会
1954 マニラ 女子走幅跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高橋 ヨシ江(たかはし よしえ、現姓 浜松1932年4月15日 - )は、日本の女子陸上競技選手(走幅跳)。メルボルンオリンピック代表。元中央大学陸上競技部監督・元日本陸上競技連盟女子委員長。

人物[編集]

群馬県群馬郡東村(現在の前橋市)出身[1]。旧制前橋高等女学校(現在の群馬県立前橋女子高等学校)入学後に本格的に陸上競技に取り組む[1]

女子の4年制大学進学率が2%という時代に中央大学からのスカウトを受けて入学後[1]、大学3年の第37回日本陸上競技選手権大会(1953年)で5m53をマークして選手権初優勝を飾ると、翌年の1954年アジア競技大会フィリピンマニラ)では5m68をマークして優勝した[1]。その後、日本選手権では1955年(5m47)、1956年(5m88)と2年連続優勝を果たし、1956年のメルボルンオリンピックに日本代表として出場。本番では5m68をマークしたが予選通過を果たせなかった。

メルボルンオリンピックの後に中央大学で同僚だった男性と結婚[1]して現役を引退したが、1974年に母校中央大学陸上競技部に指導者として復帰し、助監督・監督をそれぞれ務める。またマスターズ選手として1989年の全日本マスターズ陸上競技大会に出場し、M55日本新記録を樹立している。

日本陸上競技連盟では女子委員長を務めて、女子陸上競技選手の強化体制や後方支援などの課題解決に取り組む[2]

現在は東京都内で隠居生活を送っているが[1]、近年まで陸上競技大会で審判長を務めたり[3]関東学生陸上競技連盟参与[4]を務めるなど陸上競技への関わりは続いている。

脚注[編集]