高橋信之 (音楽プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 信之(たかはし のぶゆき、1946年(昭和21年)7月15日 - )は、日本の音楽プロデューサーである。

人物[編集]

トキワ松学園小学校卒業[1]慶應義塾普通部中学校から入学[2]。中学三年の謝恩会に成毛滋らとバンドを組み、慶應義塾高等学校(日吉)に進学後の1962年に「ザ・フィンガーズ」を結成し、慶應義塾大学在学中の1966年に「勝ち抜きエレキ合戦」でグランドチャンピオンになりプロデビュー[3]1969年にバンド解散後はプロデューサー業に。

1972年にヒットしたバズ(BUZZ)の日産スカイラインのCM曲『ケンとメリー〜愛と風のように』や、NHK「みんなのうた」で放送されたガロの『そして君は』、山口百恵グリコアーモンドチョコレートのCM曲など数多くの楽曲を作曲・プロデュース。

現在は、高橋幸宏、山本耀司らが所属する(株)アゲント・コンシピオの代表取締役。過去には、山本のコレクションの音楽も担当している。

前妻はステージ101の初期メンバーでもあり、フォーク歌手小林啓子。ミュージシャンの高橋幸宏は実弟。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.15
  2. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.16
  3. ^ 君塚太「TOKYO ROCK BEGINNINGS」(河出書房新社)P.16-17