高橋健二 (レーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋健二 (たかはし けんじ、1946年 5月18日2005年 1月1日)は、日本の元レーシングドライバー

経歴[編集]

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)、全日本F2選手権全日本ツーリングカー選手権(JTC)、全日本GT選手権などで活躍。また、マイナーツーリングでは、日産・サニー使いとしても知られていた。

JSPCでは、高橋国光とコンビを組み活躍し、1985年と1986年にチャンピオンを獲得。その後はJTCにも 日産・スカイラインBMW・M3で出場しており、1989年にはチャンピオンを獲得した。1987年のル・マンにも松本恵二星野一義 と共に出場し、また1990年から投入される日産・スカイラインGTーR(BNR32)型の開発ドライバーを務め、1991年シーズンは、みずからもタイサンからGTーRで土屋圭市とコンビを組み参戦した。その後も活躍した。

しかし、2005年1月1日に、58歳の若さで肝硬変により、亡くなった。