高橋元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

高橋 元(たかはし げん、1924年1月4日 - 2013年8月9日)は日本の官僚大蔵事務次官公正取引委員会委員長日本開発銀行総裁。

来歴[編集]

東京都出身。父の惟康は鉄道省を経て横浜工業専門学校教授を務めた。府立高等学校を経て1945年9月に東京帝国大学法学部法律学科1949年3月に東京大学法学部政治学科をそれぞれ卒業[1]。同年4月に大蔵省入省。入省同期に徳田博美(銀行局長)、戸塚岩夫(関税局長)、金子太郎(環境次官から丸三証券社長)、北田栄作(造幣局長から電源開発理事、同期トップ入省者)ら。他に1949年前期入省組には滝口吉亮(駐チュニジア大使、駐ベネゼエラ大使)、前田正道(内閣法制局第一部長)など。

一年目は銀行局預金部に配属され、1954年 八幡浜税務署長、1956年11月 理財局外債課長補佐、1959年6月 理財局証券第二課長補佐、1962年 田中角栄蔵相秘書官、1964年 経済企画庁総合計画局計画官、1967年 主計局主計官(総理府特別機関、司法、警察担当)、翌1968年 同主計官(総務課)、1970年 主税局税制第二課長、1972年 同税制第一課長、1973年 官房文書課長、1975年 主計局次長、1978年 経済企画庁官房長、1979年 主税局長などを経て、1981年に前年の総選挙で自民党を支配するに至った田中角栄の引き上げで、事務次官に就任する(田中の蔵相時代に秘書官を務めていたため)[2][3]

大平内閣当時、大倉真隆次官以下、長岡實主計局長、高橋主税局長ら大蔵省は、田中角栄をはじめとする政治家による放漫財政を抑制し財政再建のために大平正芳首相のもとで一般消費税導入を検討していたが[4]、大平の急死と田中の勢力拡大のために頓挫した。のちの高橋次官のもとでは増税を凍結し、以降田中の派閥拡大のために公共事業の相次ぐ増額を余儀なくされる。

また、印刷局長にノンキャリア石井直一(1946年入省)が抜擢されたことが話題となったが、石井と関わりがあった高橋次官 - 松下康雄主計局長 - 山口光秀官僚長 - 宍倉宗夫主計局総務課長ら本省キャリアたちがノンキャリア組の士気を鼓舞するために合作した案だった[5][6]

事務次官退任後、1982年から1987年まで公正取引委員会委員長。1987年から日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)総裁を務めた。

2013年8月9日、急性心筋梗塞で死去。享年89歳。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『大蔵省人名録:明治. 大正. 昭和』大蔵財務協会、1973年発行、104頁
  2. ^ 神一行『大蔵官僚 超エリート集団の人脈と野望』講談社、1982年8月31日、154頁。
  3. ^ 倉山, p. 205.
  4. ^ 栗林良光『大蔵省権力人脈』講談社文庫、1994年3月15日、54頁。
  5. ^ 栗林良光『大蔵省権力人脈』講談社文庫、1994年3月15日、89-98頁。
  6. ^ 倉山, pp. 207-208.

参考文献[編集]

  • 栗林良光『大蔵省権力人脈』講談社文庫、1994年3月15日。
  • 倉山満『増税と政局・暗闘50年史』イースト新書、2014年4月10日。ISBN 978-4-7816-5027-2。
先代:
吉瀬維哉
日本開発銀行総裁
第8代:1987年 - 1992年
次代:
吉野良彦