高橋剛 (彫刻家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 剛
(たかはし ごう)
生誕 1921年8月31日
死没 (1991-09-05) 1991年9月5日(70歳没)
東京都新宿区[1][2]
国籍 日本の旗 日本
受賞 内閣総理大臣賞 – 第13回日展
1981年 「房総の女」
[2][1][3][4]
日本芸術院賞恩賜賞 – 第17回改組日展
1986年 「稽古場の踊り子」
[2][1]
この人に影響を
与えた芸術家
北村西望[2][3][1]

高橋 剛(たかはし ごう、1921年大正10年)8月31日 - 1991年平成3年)9月5日[1])は日本彫刻家山形県酒田市出身[3]。本名は剛(たけし)[1]

バレリーナをモチーフとした彫刻で知られ[2]昭和30年代(1955年 - 1964年)中頃まで木彫を中心に制作したが後に塑像へ転向した[2]

略歴[編集]

1921年(大正10年)8月31日、神社仏閣の木彫を生業とする生家に生まれる[3]。祖父は宮彫師、父は日本美術院所属の仏教彫刻家[2]。父に師事し木彫を始める[2]

1940年(昭和15年)上京、翌1941年(昭和16年)東京美術学校入学、関野聖雲に師事[2][3][1]。1946年(昭和21年)東京美術学校(現東京芸術大学)卒業[2]

1947年(昭和22年)、第3回日展に初入選[1]。1949年(昭和24年)より北村西望に師事[2][3][1]。1954年(昭和29年)第10回日展にて「バレリーナ」を出品後、同モチーフを追い求めるようになり[2]、1956年(昭和31年)第12回日展・1957年(昭和32年)第13回日展・1958年(昭和33年)第14回日展の3年連続で特選を受賞[2][1][5]。1960年(昭和35年)より日展会員[2][1]。1961年(昭和36年)、日本芸術院賞恩賜賞[1]受賞。1962年(昭和37年)より日本彫塑会会員[1]

1981年(昭和56年)、第13回日展にて内閣総理大臣賞[4][2][1][3]。1986年(昭和61年)日本芸術院賞恩賜賞受賞[2][1]

1987年(昭和62年)日本彫刻会理事、委員長に就任[2]、同年東京家政大学名誉教授[2]

1991年(平成3年)6月、故郷の芸術振興を目的として石膏原型178点を酒田市に寄贈[3]。同年9月5日、脳出血のため東京都新宿区の病院で死去[1][2]

評価[編集]

「鍛えぬかれたバレリーナの肉体をモチーフに、そこに宿る清新な精神の表出を試みた」[2]「堅実な写実をもって、無駄のない肉付けとバランス感覚、生命感ある躍動的なフォルムの中に、永遠の女性美を求めている」[6]などの評価がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 講談社「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」. “高橋剛 たかはし-ごう”. コトバンク. 2016年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 東京文化財研究所刊「日本美術年鑑」より:「高橋剛」(1991年9月5日)、2016年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h "高橋剛 作品". 酒田市美術館. 2016年1月10日閲覧. 
  4. ^ a b 大臣賞受賞者一覧(昭和33年~現在)”. 日展. 2015年1月10日閲覧。
  5. ^ 特選(彫刻)受賞者一覧 (昭和33年~現在)”. 日展. 2016年1月10日閲覧。
  6. ^ 高橋 剛 Go TAKAHASHI”. 越後製菓. 2016年1月10日閲覧。会社説明より下段。