高橋勇治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高橋 勇治(たかはし ゆうじ、1909年明治42年)1月15日 - 1992年平成4年)2月6日)は、日本の外国法学者、元東京大学社会科学研究所教授

東京帝国大学法学部卒、北京大学教授、敗戦で法政大学教授、1947年東大社会科学研究所助教授、1952年教授、1969年定年退官、名誉教授千葉大学教授、1974年定年。没後正四位叙勲。中国憲法が専門で、戦後は中華人民共和国北朝鮮の支持者となった。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 「中華人民共和国憲法講義」中央政法幹部学校国家法教研室編著 浅井敦共訳 弘文堂 1960

参考[編集]

  • 「高橋勇治教授略歴・主要著作目録」『千葉大学法経研究』1974