高橋卓巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋卓巳 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 高橋卓巳
国籍 日本の旗 日本
種目 棒高跳
生誕地 香川県三豊郡大野原町
 
獲得メダル
陸上競技
アジア大会
1978 バンコク 棒高跳
1982 ニューデリー 棒高跳
アジア陸上競技選手権大会
1979 東京 棒高跳
1981 東京 棒高跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

高橋 卓巳(たかはし ともみ、1956年1月29日 - )は日本の男子陸上競技棒高跳)選手。名前については、現役時代のマスコミ報道で「高橋卓」と表記されていた例が複数あり[1]、2015年の時点でもそのように表記されていた[2]

経歴[編集]

香川県三豊郡大野原町(現:観音寺市)出身。香川県立三豊工業高等学校在籍時の1973年全国高等学校総合体育大会陸上競技大会(インターハイ)の棒高跳で準優勝。中京大学卒業後は香川県教職員[3]

1978年日本陸上競技選手権大会で初優勝[4]バンコクアジア大会棒高跳に出場し、5m10で金メダルを獲得。

1980年、日本選手権で2年ぶり2回目の優勝[4]1980年モスクワオリンピック日本代表に選出されたが、日本の大会ボイコットにより不出場。10月の第35回国民体育大会で5m43を記録して初めて日本記録を更新[3]。翌1981年、日本選手権で2年連続3回目の優勝[4]

1982年ニューデリーアジア大会棒高跳では、5m30で2大会連続金メダル。

1983年、日本選手権で4回目の優勝[4]ヘルシンキで開催された第1回世界陸上競技選手権大会に出場し、5m25で19位。

1984年、5m53を記録して自身5年連続7回目の日本新記録をマーク[3]。日本選手権で5回目の優勝を達成し[4]ロサンゼルスオリンピック棒高跳日本代表に選出される。オリンピックでは予選で5m30cmを記録して決勝に進出したが、決勝では記録なしに終わり12位。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例として、朝日新聞1979年4月30日付、同年10月7日付、1980年10月15日付。
  2. ^ 過去の優勝者 - 第99回日本陸上競技選手権大会
  3. ^ a b c 香川県人物人名辞典(四国新聞社)144ページ
  4. ^ a b c d e 日本選手権過去の優勝者日本陸上競技連盟

関連項目[編集]