高橋奎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高橋 奎二
東京ヤクルトスワローズ #47
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府亀岡市
生年月日 (1997-05-14) 1997年5月14日(23歳)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2018年9月5日
年俸 1,450万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 奎二(たかはし けいじ、1997年5月14日 - )は、京都府亀岡市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

妻はAKB48に所属していた歌手の板野友美[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から軟式野球を始める。

龍谷大学付属平安高等学校では1年秋からベンチ入り。甲子園出場経験は3度。2年春の選抜大会では4試合に登板し3勝を挙げ、初優勝に貢献した。3年春の選抜大会では浦和学院高等学校戦で延長戦で2失点を喫し、初戦で敗退[3]。3年夏の甲子園京都予選では、京都翔英高校戦で7失点を喫して敗退した[4]

2015年10月22日に行われた2015年ドラフト会議で、東京ヤクルトスワローズから3位指名を受け、11月27日に契約金5000万円、年俸600万円で合意した[5]

ヤクルト時代[編集]

2018年、10月2日の対横浜DeNAベイスターズ戦(神宮球場)では5回1失点8奪三振の好投でプロ初勝利を挙げた[6]

2019年、先発ローテーション入りし4月3日の対横浜戦でシーズン初先発[7]。6月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦(神宮)では6回2失点で今季初勝利を挙げた[8]。最終的に防御率5.76ながら19試合に先発し4勝を挙げた。

選手としての特徴[編集]

高校時代は古都のライアンと呼ばれていたように右足を大きく上げるダイナミックなフォーム[9]。直球の最速は155km/h[10]変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク、カットボールを投げる。[要出典]

人物[編集]

  • 顔立ちが俳優の竹野内豊似とされている[11]
  • 高校時代は監督の原田英彦から精神的な未熟さと整ったかわいらしいルックスから「赤ちゃん」と呼ばれ自立を促されていた。
  • 趣味はダーツ。2018年の記事によると、中学時代にダーツをプレイできる飲食店によく行っており、昔はその飲食店の関係者がくれたマイダーツを持っていた。好きなダーツの種目はクリケット[12]
  • 2021年1月5日、元AKB48板野友美と結婚した[2]。婚姻届はヤクルトの監督・高津臣吾と板野の恩師・秋元康が証人の欄にサインしたものを2人で提出。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 ヤクルト 3 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 69 15.0 14 4 8 0 2 20 0 0 10 5 3.00 1.47
2019 20 19 0 0 0 4 6 0 0 .400 438 95.1 99 14 53 2 8 99 5 0 68 61 5.76 1.59
2020 10 9 0 0 0 1 3 0 0 .250 212 48.0 47 6 21 1 4 51 1 0 24 21 3.94 1.42
NPB:3年 33 31 0 0 0 6 10 0 0 .375 719 158.1 160 24 82 3 14 170 6 0 102 87 4.95 1.53
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 ヤクルト 3 1 1 0 0 1.000
2019 20 3 12 2 2 .882
2020 10 2 7 0 0 1.000
通算 33 6 20 2 2 .929
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 47 (2016年 - )

登場曲[編集]

  • 「世界が終わるまでは…」WANDS(2018年【登板】)
  • 「Heads or Tails」EXILE(2018年【打席】)
  • 「FLYING B (REMIX) [Explicit] 」CITY-ACE(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヤクルト - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年1月13日閲覧。
  2. ^ a b “板野友美とヤクルト・高橋奎二が結婚 婚姻届証人欄に秋元康氏、高津監督”. サンケイスポーツ. (2021年1月5日). https://www.sanspo.com/geino/news/20210105/mrg21010503000001-n1.html 2021年1月5日閲覧。 
  3. ^ 昨春王者の龍谷大平安、延長戦の末初戦で姿消す日刊スポーツ 2015年3月23日配信、2016年3月21日閲覧
  4. ^ 龍谷大平安 延長激闘に散る…高橋7失点「皆に申し訳ない」スポニチアネックス2015年7月25日配信、2016年3月21日閲覧
  5. ^ ヤクルト、ドラ3高橋と合意 契約金5千万円、年俸600万円スポニチアネックス 2015年11月20日配信、2016年3月21日閲覧
  6. ^ ヤクルト3年目・高橋、“脱ライアン”でプロ1勝だ!SANSPO.COM 2018年10月3日掲載
  7. ^ 中日吉見-広島野村ほか/3日予告先発 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年4月29日閲覧。
  8. ^ ヤクルト・高橋が今季初勝利「チームには迷惑をかけていた」” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年6月23日). 2020年4月29日閲覧。
  9. ^ ヤクルト3年目・高橋、“脱ライアン”でプロ1勝だ!” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2018年9月4日). 2020年4月29日閲覧。
  10. ^ ヤクルト・高橋、8回0封の好投で今季初勝利「率直にうれしいです」首位・巨人と2・5差!” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2020年7月30日). 2020年9月2日閲覧。
  11. ^ ヤクルト3位・高橋は竹野内豊似のイケメン 苦境でも笑顔スポニチアネックス 2016年1月14日配信、2016年3月21日閲覧
  12. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.53.

関連項目[編集]