高橋孫兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 孫兵衛(たかはし まごべえ、? - 宝暦4年11月21日1755年1月3日[1])は、江戸時代中期の一揆指導者。

経歴・人物[編集]

伊予新居郡宇高村(現:愛媛県新居浜市宇高)の農民[2]

宝暦3年(1753年西条藩の年貢増徴に反対し、12月10日、領内の農民らは孫兵衛ら3人を頭取として蜂起し、強訴を行った[2][3]。翌宝暦4年(1754年)11月21日、首謀者3人は西条椰木の刑場で死罪となったが、年貢の増徴は取りやめとなった[1][2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新居浜 宗像神社 - 地域の歴史
  2. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『高橋孫兵衛』 - コトバンク
  3. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『高橋孫兵衛』 - コトバンク