高橋宏幸 (古典学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 宏幸
人物情報
生誕 1956年11月??
千葉県
出身校 京都大学文学部[1]
学問
研究分野 西洋古典学ラテン文学
研究機関 京都大学
指導教員 岡道男
学位 文学博士[1]
学会 日本西洋古典学会[1]
テンプレートを表示

高橋宏幸(たかはし ひろゆき、1956年11月 - )は、西洋古典学者、京都大学教授[1]文学博士(京都大学)。

アエネーイス』の訳業は、師岡道男が中途で病に倒れたのを受け、その遺業を継ぎ完成させた。

経歴[編集]

千葉県生まれ[2]。1979年京都大学文学部西洋古典学卒業、1984年同大学院博士課程満期修了、1986年-88年京都大学助手[1]、1988年京都工芸繊維大学講師[1]、1990-91年にカリフォルニア大学バークレー校在外研究員、1991年京都工芸繊維大助教授、1995年京都大学文学部助教授[1]、1997年-98年ハーバード大学客員研究員、2003年より京都大学文学研究科教授[1]。2019年6月に日本西洋古典学会委員長(第12代)に就いた。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『ギリシア神話を学ぶ人のために』世界思想社 2006
  • 『はじめて学ぶラテン文学史』〈シリーズはじめて学ぶ文学史7〉ミネルヴァ書房 2008

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 京都大学 教育研究活動データベース”. 京都大学. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ アエネーイス”. 京都大学学術出版会. 2018年10月9日閲覧。