高橋幸宏のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋幸宏のオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ・音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1983年4月12日 - 1983年12月27日
放送時間 火曜深夜25:00 - 27:00(水曜未明1:00 - 3:00)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 高橋幸宏
出演 大久保林清
スーパー・エキセントリック・シアター
テンプレートを表示

高橋幸宏のオールナイトニッポン(たかはしゆきひろのオールナイトニッポン)はニッポン放送深夜放送オールナイトニッポンで放送されていたラジオ番組。パーソナリティは高橋幸宏1983年4月に火曜1部で放送開始、同年12月に放送終了。 その後、1998年1月30日オールナイトニッポンDXとして復活した。

エピソード[編集]

  • 番組構成の景山民夫は大久保林清と名乗り番組にも出演。時折ゲストに細野、坂本も出演した。そして、10月18日(19日未明)の放送で細野と坂本がゲストで出演し、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の散開を発表する。
  • ハガキの量に反して聴取率は低く、番組後期になると自虐ネタとして使われていた。最終回でも「最終回なのでみなさん見て下さいね」と自虐的に語っている。同時期に放送されていた『ビートたけしのオールナイトニッポン』でも馬鹿にされていた。
  • 高橋が曲をかける前にエコーをかけて紹介する。
  • 当時レギュラーだったスーパー・エキセントリック・シアター(S.E.T.)座長の三宅裕司は、放送終了後の翌1984年2月より同じニッポン放送制作の22:00-24:00ヤングパラダイス(月-木)の2代目パーソナリティになる。

パーソナリティ[編集]

主なゲスト[編集]

主なコーナー[編集]

  • 暗いお便りコーナー
    • リスナーが遭遇した怖い出来事や恐ろしい趣味などを暴露するコーナー。たまに読まれる一発ギャグが笑いを誘っていた。
  • 格言コーナー
    • 有名な格言やことわざを一般名称に変えて面白おかしくするコーナー。
  • 直撃ラジオコーナー
    • なぜこの番組が盛り上がらないのか葉書きを送ってきたリスナーに電話突撃をして、この番組を聞いているのか確認するコーナー。電話に全員が出たら聴視率100%とみなされた。
  • ラジオドラマ
    • S.E.T.と高橋、ゲストによるシチュエーションコント。

最終回[編集]

最終回はYMOの12月22日の日本武道館最終特別公演を特集し、1部2部枠の長時間編成で放送された。 細野晴臣立花ハジメ鈴木慶一がゲストで登場し、坂本と矢野顕子が電話出演をした。

CMフィラー[編集]

キー局がCMを入れない放送局向けに配信するBGM(CMフィラー)。CMを流す放送局ではCM明けからジングルまでの間に一瞬だけ流れる。 基本はYMOのアルバム「テクノデリック」「浮気なぼくら (インストゥルメンタル)」の楽曲から使われている。

  • KEY - アルバム「テクノデリック」収録
  • LIGHT IN DARKNESS - アルバム「テクノデリック」収録
  • 音楽 - アルバム「浮気なぼくら (インストゥルメンタル)」収録
  • 希望の河 - アルバム「浮気なぼくら (インストゥルメンタル)」収録
  • 邂逅 - アルバム「浮気なぼくら (インストゥルメンタル)」収録

エンディング[編集]

高橋幸宏の楽曲を使用。

関連項目[編集]

ヤングパラダイス

オールナイトニッポン 火曜1部
前担当
坂崎幸之助
高橋幸宏のオールナイトニッポン
火曜 25:00 - 27:00
高橋幸宏
次担当
桑田佳祐
1983年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 中島みゆき
火曜 坂崎幸之助 高橋幸宏
水曜 タモリ 野村義男
木曜 ビートたけし
金曜 山口良一
土曜 笑福亭鶴光