高橋文博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 文博
(たかはし ふみひろ)
生誕 (1948-05-26) 1948年5月26日(71歳)
日本の旗 日本群馬県沼田市
地域 日本の旗 日本
研究分野 倫理学 日本倫理思想史
公式サイト 高橋文博のホームページ
テンプレートを表示

高橋 文博(たかはし ふみひろ、1948年 - )は、日本倫理学者。岡山大学名誉教授。専攻は倫理学・日本倫理思想史。

概略[編集]

1948年群馬県沼田市生まれ。1972年東京大学文学部倫理学科卒業。1975年、同大学院人文科学研究科倫理学専門課程修士課程修了。1977年、同大学院人文科学研究科倫理学専門課程博士課程単位取得退学。

岡山大学教養部助教授、同大学文学部教授ののち、2007年、岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。2013年、岡山大学を依願退職し、同大学名誉教授。山陽学園大学総合人間学部言語文化学科教授に就任し、同年9月に依願退職した。2014年より就実大学教育学部初等教育学科教授、2019年3月退職。

2008年、「近世の死生観 徳川前期儒教と仏教」でお茶の水女子大学文学博士

略歴[編集]

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『近世の心身論 徳川前期儒教の三つの型』(ぺりかん社、1990年)
  • 『吉田松陰』(清水書院Century books 人と思想、1998年)
  • 『近世の死生観 徳川前期儒教と仏教』(ぺりかん社、2006年)
  • 『近代日本の倫理思想 主従道徳と国家』(思文閣出版、2012年) 
  • 『西村茂樹における洋学の基礎的研究』科学研究費補助金研究成果報告書(就実大学教育学部、2015年) http://id.nii.ac.jp/1642/00000378/

共編著[編集]