高橋晋平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 晋平(たかはし しんぺい、1979年 - )は、株式会社ウサギ代表取締役、おもちゃクリエイター。マネージメント有限会社PREGIO所属。[1]

人物・経歴[編集]

1979年11月14日生まれ。秋田県鷹巣町(現・北秋田市)出身。鷹巣町立鷹巣東小学校、同鷹巣中学校、秋田県立大館鳳鳴高等学校を経て、1998年東北大学工学部入学。東北大学大学院情報科学研究科に進学し、2004年に修了。[2]

2004年に株式会社バンダイ入社。企画開発商品として、国内外累計335万個を販売し、第1回おもちゃ大賞を受賞した『∞(むげん)プチプチ』、『∞エダマメ』、自分の本名が商品名になっているボードゲーム『瞬間決着ゲームシンペイ』などを始め、「Human Player」『未来予測機ミライスコープ』『6秒スタジアム』『4億円』『絶叫!おばけ屋敷ゲーム』『おねだりわんこ』(以上、玩具商品)、『ほじれるんです。』『スマートキッス』『パチッと切りかえ!ココロスイッチ』『キーの芽』『人魚。』『鳥人間』『猫背』『消しゴムの一生』(以上、ガシャポンシリーズ)など、笑いをテーマにしたアイデア商品を多く開発。[3]

2014年に株式会社ウサギを設立、代表取締役に。ボードゲーム・カードゲーム『民芸スタジアム』『グーチョキパーダラピン』『THE仮想通貨』『アンガーマネジメントゲーム』『職業診断ゲーム わくわくワーク』や、IoT鳩時計『OQTA HATO』などの開発に携わる。[4]

アイデア発想法に関する、2013年のTEDxTokyoで登壇したプレゼンテーションがTEDによりTED Talkに選出される[5]。JAPAN MENSA会員。[6]

フジテレビ系列で放送されていた『クイズ・ソモサン・セッパ!』に過去3回出場し、2013年1月2日放送の「2013ニューイヤーズオープン」と銘打ったスペシャル番組(23:40 - 24:40)では優勝を果たしている。

著書[編集]

  • 『∞(むげん)アイデアのつくり方』イースト・プレス 2012 ISBN 9784781608198
  • 『アイデアが枯れない頭のつくり方』 CCCメディアハウス 2014 ISBN 978-4484142210
  • 『プレゼンをキメる30秒のつくり方 話し下手でも提案が通る勝ちパターン』 日経BP社 2015 ISBN 978-4-8222-5083-6
  • 『一生仕事で困らない 企画のメモ技』 あさ出版 2018 ISBN 978-4-8666-7030-0

脚注[編集]

  1. ^ (有)PREGIO 高橋晋平プロフィール
  2. ^ 公式ブログ おもちゃクリエーター高橋晋平のブログ
  3. ^ ライフハッカー[日本版]「いいアイデア」が成功するかを見極める6つのポイント:高橋晋平式アイデアの考え方(後編)
  4. ^ ボードゲーム開発/高橋晋平/株式会社ウサギ” (日本語). ボードゲーム開発/高橋晋平/株式会社ウサギ. 2019年1月23日閲覧。
  5. ^ 高橋晋平: 新しいアイデアのつくり方 - TED Talk | TED.com
  6. ^ 『アイデアが枯れない頭のつくり方』 CCCメディアハウス