髙橋朋己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
髙橋 朋己
SL-Tomomi-Takahashi20150613.jpg
選手時代
(2015年6月13日、西武プリンスドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県三島市
生年月日 (1988-11-16) 1988年11月16日(32歳)
身長
体重
174 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト4位
初出場 2013年8月15日
最終出場 2018年3月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

髙橋 朋己(たかはし ともみ、1988年11月16日 - )は、静岡県三島市出身[1]の元プロ野球選手投手)。左投左打。実姉はフリーアナウンサー髙橋早紀[2]野球解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

三島市立中郷小学校2年生の時に「中郷ファイターズ」で野球を始め、当時は野手だった。三島市立中郷西中学校時代は「三島田方リトルシニア」で投手としてプレーした[1]

加藤学園高等学校では2年生の時に背番号「1」を背負うものの、3年生時では主に一塁手で夏にはリリーフを務めた。怪我の影響もあってエースにはなれず、球速も最速も129km/hに留まった。一方で甲子園出場経験は無い。大学に向けて練習していた際に、当時の監督から腹筋と背筋を鍛えるために命じられた薪割によって筋力がアップした[1]

岐阜聖徳学園大学1年生の時に東海地区大学野球・春季リーグ戦に登板[1]、3年生時の春に最優秀投手賞を受賞した[3]。大学時代の同期には井上公志がいた。

その後、西濃運輸に入社し、1年目に第82回都市対抗野球大会の2回戦・対JR東日本東北戦の9回1死で救援登板し、1回1/3を投げ自責点1で敗戦投手になった[4][5]。2年目の第83回都市対抗野球大会では王子製紙の補強選手に選ばれ[6]、1回戦・対JR東日本戦に3番手で救援登板し、4回2/3を投げ自責点0だった[7]。その後9月に肩を痛めたため、第38回社会人野球日本選手権大会には出場しなかった[1]。なお、社会人時代のチームメイトには小豆畑眞也がいた。

2012年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに4巡目で指名され[8]、契約金4,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[9]。背番号は「43[10]。なお、加藤学園高校出身者では初のプロ入りとなった[1]

現役時代[編集]

2013年は左肩のリハビリを行った[11]。8月15日に一軍登録され[12]、同日の対福岡ソフトバンクホークス戦の6回にプロ初登板し、2/3回を投げ1失点だった[13][14]。31日の対オリックス・バファローズ戦では同点の5回途中に救援登板し、1/3回を投げ無失点で初ホールドを挙げた[15]。シーズン最終戦となった10月8日の対千葉ロッテマリーンズ戦では6回途中で救援登板し、1回2/3を投げ無失点で初勝利を挙げ、同時に13試合連続無失点を記録した[16]

2014年は開幕一軍入りを果たした[17]。シーズン途中で抑え投手に指名され[18]、4月19日の対オリックス戦でプロ初セーブを挙げた[19][20]。25日のソフトバンク戦から無失点で5試合連続セーブを記録した[21]。この年、チーム最多の29セーブとチーム3位の13ホールドを挙げた[22][注釈 1]。同リーグの新人王争いではプロ1年目の石川歩(ロッテ)の後塵を拝したものの、記者投票での得票数は1位の石川に次いで多かった[23]。シーズンオフの10月9日には日米野球2014日本代表に選出された[24]。同大会では第2戦と第5戦でそれぞれ1回ずつを投げ無失点だった[25]

2015年は開幕前から新加入のミゲル・メヒアとクローザーの座を競っていたが、オープン戦の結果によりミゲルが二軍へ降格した為、開幕からクローザーに抜擢された[26]。3月27日からのオリックスとの開幕3連戦で、プロ野球史上初となる開幕3戦での3試合連続セーブを挙げると[27]、31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でもセーブを挙げ、開幕からの連続試合セーブの日本記録を4に伸ばした[28]。なお、登板5試合目となった4月5日の対ソフトバンク戦ではセーブはつかず、記録は途切れた[29]。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された[30]。監督選抜によりオールスターゲームのメンバーに選ばれ、7月18日に行われた第2戦において8回裏に6番手で登板し、1回を投げ1失点だった[31]。7月は8試合に登板したが、その内6試合で失点し、3失点で2敗目を喫した25日の対北海道日本ハムファイターズ戦の試合後には「投げることが怖い」と話した[32]。同月下旬に中継ぎに配置転換され[33]、8月6日の対楽天戦では先発から抑えに配置転換された牧田和久がセーブを挙げた[34]。牧田が27日の対日本ハム戦で先発に戻った事で再び抑えを任され、28日の対楽天戦で7月7日以来のセーブを挙げた[33][35]。9月23日の対オリックス戦では8回に登板、打球を処理しようとした際に右足を捻って倒れ負傷負傷交代し[36][37]、25日に出場選手登録を抹消されたが[38]、同日に行われた検査で右足の腓骨を骨折していたことが分かり、全治2,3カ月と発表された[39]。9月10日には第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出された事が発表されていたが[40]、この骨折により同大会への出場も事実上不可能になった[39]

2016年は開幕を一軍で迎えたが[41]、左肘の張りにより4月22日に出場選手登録を抹消された[42][43]。その後、左肘内側側副靭帯の再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、成功したことが7月26日に発表された[44]

2017年6月3日、二軍での対横浜DeNAベイスターズ戦の9回に救援登板し、1回を投げ無失点の成績で前年の手術からの実戦復帰を果たした[45]。シーズン終盤の9月30日は一軍登録され[46]、一軍では3試合に登板した。

2018年オープン戦では、6試合で4回と2/3を投げ無失点と左肘の手術から復活をアピールし[47]、2年ぶりに開幕を一軍で迎えた。しかしシーズン初登板の3月31日の対北海道日本ハムファイターズ戦で左肩に違和感を訴えて一死もとれずに降板し、翌日に出場選手登録を抹消された[48]。左肩関節痛の影響でその後は一軍、二軍とも登板することなくシーズンを終えた。10月29日、球団より来季の契約を結ばない旨が通告されたが[49]、その際に併せて報道されていた通り、11月14日に育成選手として再契約した[50]。背番号は「123」になったが、球団は髙橋の復帰を期して元の背番号「43」を空き番にした。

2019年1月にキャッチボールを再開し[51]、ブルペンでの投球は続けていたが、この年のシーズン中に実戦登板は果たせなかった[52]。秋季教育リーグのみやざきフェニックス・リーグに参加し、10月28日の韓国斗山ベアーズ戦で約1年半ぶりの実戦復帰を果たす。その後は秋季キャンプにも参加した。なお、育成選手制度に従い、10月31日に自由契約公示されたが、育成選手として再度契約している[53]。再契約の際、ゼネラルマネージャー(GM)の渡辺久信からは「(元の背番号の)43番はお前のためにとっておいてある」と再起を期待され、髙橋本人も「いわれてうれしかった。もう一回でいいからつけたい」と奮起した[54][55]

しかし、2020年も二軍公式戦への登板を果たせない日々が続き、8月に打撃投手を務めた際に強い痛みを覚えたことも切っ掛けに[56]、10月20日、現役引退を表明した[55][57]。同日の引退会見にて、10月30日の対読売ジャイアンツ・ファーム最終戦(CAR3219フィールド)、9回に打者1人相手に引退登板する予定であることが発表されたが、現状について「ホームベースに届くかもわからない」と明かした[56]。迎えた10月30日のファーム公式戦は予定通り、9回無死、2対2の同点の場面で登板。登板時には家族やGMの渡辺の他、隣接するメットライフドームで試合を控えていた一軍投手陣らも練習を一時中断して髙橋の登板を見守りに来ていた。このことを知った髙橋はブルペンでずっと泣いていたという[58]。マウンドに上がる際には支配下登録時代の背番号「43」がコールされ[58]、二軍戦では異例の登場曲も流された[59]イスラエル・モタ相手にストライクゾーンへの106km/hの直球を投げ込むと、その1球でショートフライに打ち取り、現役最後の登板を締め括った[60]。試合後は二軍監督の松井稼頭央に促され、マウンド付近で10度胴上げされた[61]。最終登板の際も「(全盛期を100とすると)マイナス100」というレベルで肩の調子が非常に悪く、鎮痛剤を飲んで当日に臨み、試合前に同級生のファーム・育成グループスタッフである大石達也[62]キャッチボールを行った際は大丈夫だったものの、ブルペンでは捕手を座らせて投げることができない状態だった。モタに投げた1球の際、「投げた瞬間に(肩が)バコッていった」という危ない状態で、「1球で終わって良かったなって。三振は取りたかったですけどね、正直」と振り返っている[58]。試合翌日には西武の公式YouTubeチャンネルに髙橋の選手最後の1日に密着した動画が投稿された[63]

引退後[編集]

引退後は球団に残り、アカデミーのコーチとして野球少年たちの指導にあたる[64]。その傍らフジテレビTWOの野球解説者としても並行して活動する。

プレースタイル[編集]

  • 投球フォームはサイドスローに近いスリークォーター[65]、直球は140km/h台中盤から後半(プロ3年目現在)[18][66]、変化球はスライダースプリットなどを投げる[66]。2015年開幕前の春季キャンプではシンカーの習得を目指した[67]
  • 野球人生は「太く短く」が目標だと髙橋本人は語っている[68]。引退会見時、髙橋は「8年間、プロ野球選手としては短い時間でしたが、すごく濃い、いい時間を過ごすことができました。球団からは、リハビリで苦しいなか、変わらずいろんな選手と接してくれてありがとう、と言ってもらえたのがうれしかったです。腐らずやってきてよかったと思えました」と述べている[56]

人物[編集]

  • 漫画が好きで、髙橋の自宅にはおよそ500冊を収めた「漫画部屋」があり、入団時の入寮の際にはそのうち200冊を持参した[69][70]。また、2年目のシーズンオフには昇給した分で漫画を大人買いしたいと語った[69]
  • 登場曲にE-girlsの「Follow Me」を起用しており、サビの「Follow Me」の部分を「TOMO Me」で合唱する応援スタイルが西武ファンの間で確立されている[71]。この縁もあり7月3日の西武プリンスドームで行われた埼玉西武ライオンズ対千葉ロッテマリーンズ戦の試合では、E-girlsから初のソロデビューとなったDream Amiのソロデビュー曲「ドレスを脱いだシンデレラ」のPRのための始球式で捕手を務めた[71]
  • 約2年の遠距離恋愛の末、2014年12月17日に元会社員の一般人女性と結婚[21]。2015年9月に第一子(長女)が[72]、2018年1月に第二子(長男)が誕生している[73]
  • プロ入り後、母校の加藤学園高等学校に移動式ネットを寄付しており、野球環境整備に協力している[74]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 西武 24 0 0 0 0 1 0 0 10 1.000 77 18.2 10 1 11 0 1 28 1 0 7 7 3.38 1.13
2014 63 0 0 0 0 2 1 29 13 .667 258 62.2 47 2 24 2 1 80 3 0 15 14 2.01 1.13
2015 62 0 0 0 0 2 3 22 14 .400 264 61.2 49 3 26 1 5 55 2 0 21 20 2.92 1.22
2016 7 0 0 0 0 1 0 1 3 1.000 23 5.1 5 0 3 0 0 2 0 0 1 1 1.69 1.50
2017 3 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.2 3 1 2 0 0 2 0 0 2 2 6.75 1.88
2018 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.0 1 0 1 0 0 0 1 0 2 2 ---- ----
通算:6年 160 0 0 0 0 6 5 52 40 .545 637 151.0 115 7 67 3 7 167 7 0 48 46 2.74 1.21

年度別守備成績[編集]



投手












2013 西武 24 1 2 0 0 1.000
2014 63 1 9 0 1 1.000
2015 62 3 11 0 0 1.000
2016 7 0 2 0 0 1.000
2017 3 0 0 0 0 ----
2018 1 0 0 0 0 ----
通算 160 5 24 0 1 1.000

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 43 (2013年 - 2018年)
  • 123 (2019年 - 2020年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ パ・リーグの日本人左腕では2004年、当時福岡ダイエーホークス・現ソフトバンクホークスの三瀬幸司以来10年ぶりに25セーブ以上を記録した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 西武ドラ4高橋 投手の基礎はまき割りで 日刊スポーツ 2012年11月1日紙面から
  2. ^ 西武ライオンズ 高橋朋己”. サキちゃんねる。~フリーアナウンサー高橋早紀のブログ~ (2013年8月22日). 2016年11月15日閲覧。
  3. ^ 「別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2013」 宝島社発行 129頁
  4. ^ 2013年度西武ライオンズ選手名鑑 43 高橋 朋己(たかはし・ともみ) スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ [第82回 都市対抗 本大会 10月29日 京セラドーム大阪 第1試合 2回戦] 公益財団法人 日本野球連盟
  6. ^ 第83回都市対抗野球大会補強選手一覧 公益財団法人 日本野球連盟 (PDF)
  7. ^ 第83回 都市対抗 本大会 7月13日 東京ドーム 第1試合 1回戦 公益財団法人 日本野球連盟
  8. ^ 2012年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年11月13日配信
  9. ^ 西武 西濃運輸・高橋と入団合意 スポニチ Sponichi Annex 2012年11月15日掲載
  10. ^ 2012ドラフト指名選手 入団発表会! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年12月13日配信
  11. ^ 【西武】新人選手が雪合戦、標的は… 日刊スポーツ 2013年1月15日掲載
  12. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  13. ^ 【西武】ドラ4位高橋、ほろ苦プロ初登板 日刊スポーツ 掲載
  14. ^ 2013年8月15日 埼玉西武 対 福岡ソフトバンク 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  15. ^ 2013年8月31日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 【西武】高橋が初勝利「増田だと思った」 日刊スポーツ 2013年10月9日掲載
  17. ^ 2014年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年3月26日配信
  18. ^ a b 西武の高橋が侍ジャパン入り!2年目左腕、今季守護神で29S スポニチ Sponichi Annex 2014年10月9日掲載
  19. ^ 西武・脇谷 V打「雄星に勝ちをつけたい思いだけでした」 スポニチ Sponichi Annex 2014年4月20日掲載
  20. ^ 2014年4月19日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  21. ^ a b “西武守護神高橋が遠距離恋愛実らせ結婚”. 日刊スポーツ. (2014年12月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141226-1413764.html 2014年12月26日閲覧。 
  22. ^ 2014年 個人成績 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 2014年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)
  24. ^ 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2014年10月9日
  25. ^ 2014年度日米野球 試合結果(第2戦)試合結果(第5戦) 日本野球機構オフィシャルサイト
  26. ^ 高橋朋 今季も守護神!ミゲルとの争奪戦に勝利「うれしい」 スポニチ Sponichi Annex 2015年3月16日掲載
  27. ^ 西武・高橋朋 史上初!開幕3戦連続S チームも53年ぶり好発進 スポニチ Sponichi Annex 2015年3月30日掲載
  28. ^ 西武13年ぶり開幕4連勝 高橋朋4連続S 日刊スポーツ 2015年4月1日紙面から
  29. ^ 2015年4月5日 埼玉西武 対 福岡ソフトバンク 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  30. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年7月16日) 2015年8月4日閲覧
  31. ^ マツダオールスターゲーム2015 出場者2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) NPB.jp 日本野球機構
  32. ^ ロッカーから出られず…救援失敗の西武・高橋朋「今は怖い」 スポニチ Sponichi Annex 2015年7月26日掲載
  33. ^ a b 西武 パ最速4500勝 高橋朋、信頼回復へ52日ぶり22S スポニチ Sponichi Annex 2015年8月29日掲載
  34. ^ 西武・牧田 4年ぶりセーブ チームは13連敗から2連勝 スポニチ Sponichi Annex 2015年8月7日掲載
  35. ^ 2015年8月28日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  36. ^ 西武高橋朋が足首捻挫…残り5戦&CS欠場危機 日刊スポーツ 2015年9月24日紙面から
  37. ^ 2015年9月23日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  38. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年9月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  39. ^ a b 西武高橋朋が右足骨折で今季欠場 侍も出場不可能 日刊スポーツ 2015年9月26日掲載
  40. ^ 「WBSC世界野球プレミア12」侍ジャパントップチーム候補選手45名を発表 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年9月10日) 2015年9月20日閲覧
  41. ^ 2016年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年3月23日配信
  42. ^ 西武高橋朋、左肘張り抹消「体おかしい」潮崎コーチ 日刊スポーツ 2016年4月22日掲載
  43. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2016年4月 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  44. ^ 西武・高橋朋、トミー・ジョン手術成功 復帰は再来年の春か スポニチ Sponichi Annex 2016年7月27日掲載
  45. ^ 西武 高橋朋が2軍戦で復帰登板でセーブ 阪神 藤浪は5回1失点 スポニチ Sponichi Annex 2017年6月3日掲載
  46. ^ “西武高橋朋己が左肘手術を乗り越え今日1軍復帰”. 日刊スポーツ. (2017年9月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709300000025.html 2018年10月29日閲覧。 
  47. ^ “西武、勝利の方程式は「日替わり」制 投手コーチがキーマンに指名したのは…”. 西日本スポーツ. (2018年3月28日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/baseball_lions/article/404249/ 2018年10月29日閲覧。 
  48. ^ “西武高橋朋己が登録抹消 前日左肩違和感で降板”. 日刊スポーツ. (2018年4月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804010000504.html 2018年10月29日閲覧。 
  49. ^ “西武 元守護神・高橋朋と来季契約せず 与座とともに育成選手として契約へ”. スポーツニッポン. (2018年10月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/29/kiji/20181029s00001173293000c.html 2018年10月29日閲覧。 
  50. ^ “西武高橋朋己「身削り」与座「早くて1年」育成契約”. 日刊スポーツ. (2018年11月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811140000674.html 2018年11月15日閲覧。 
  51. ^ “西武高橋朋がキャッチボール再開 支配下に向け第一歩「今年から始めました」”. Full-Count. (2019年1月19日). https://full-count.jp/2019/01/19/post283674/ 2020年3月25日閲覧。 
  52. ^ “西武 育成の高橋朋が1年半ぶり実戦  10月フェニックスL”. 西日本スポーツ. (2019年9月29日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/547021/ 2020年3月25日閲覧。 
  53. ^ “西武高橋朋「球団には感謝しかない」来季も育成契約”. 西日本スポーツ. (2019年12月10日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/566898/ 2020年3月25日閲覧。 
  54. ^ “西武の育成、高橋朋 背番号「43」はその帰還を待っている”. Sponichi Annex. (2020年1月28日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20200128/lio20012813000002-n1.html 2020年10月20日閲覧。 
  55. ^ a b “西武・高橋朋己が引退 15年にプレミア日本代表選出もケガとの闘い…引退背番号は「123」”. 東スポWeb. (2020年10月20日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2312484/ 2020年10月20日閲覧。 
  56. ^ a b c “西武・髙橋朋己が今季限りで現役引退「腐らずやってきてよかった」”. BASEBALL KING. (2020年10月20日). https://baseballking.jp/ns/251980 2020年10月20日閲覧。 
  57. ^ “西武高橋朋己が引退 15年球宴出場もけがとの戦い”. 日刊スポーツ. (2020年10月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010200000274.html 2020年10月20日閲覧。 
  58. ^ a b c “涙の引退試合 西武高橋朋「投げた瞬間、バコッていった」/一問一答”. 西日本スポーツ. (2020年10月30日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/659683/ 2020年11月2日閲覧。 
  59. ^ “引退登板の西武・高橋朋己 1球で遊飛斬り 試合前の1軍投手陣らも見守った”. Sponichi Annex. (2020年10月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/30/kiji/20201030s00001173247000c.html 2020年10月30日閲覧。 
  60. ^ “西武高橋朋己が引退登板、巨人モタを遊飛に打ち取る”. 日刊スポーツ. (2020年10月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010300000450.html 2020年10月30日閲覧。 
  61. ^ “涙の引退試合 西武の元守護神・高橋朋「ブルペンでずっと泣いてた」魂の106キロで幕”. 西日本スポーツ. (2020年10月30日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/659654/ 2020年11月2日閲覧。 
  62. ^ 埼玉西武ライオンズ [@lions_official] (30 October 2020). "今日10/30(金)、現役ラスト登板を迎えた高橋朋己投手!キャッチボールは同級生の大石達也ファーム・育成グループスタッフと行いました!" (ツイート). Twitterより2020年10月30日閲覧
  63. ^ 高橋朋己投手ラスト登板【ノーカット】&1日に密着!特別映像、本人インタビューも! - YouTube
  64. ^ “西武・高橋朋己アカデミーコーチが誓う“全力投球” 経験伝え次代のレオ戦士育てる”. スポーツニッポン. (2020年12月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/16/kiji/20201215s00001173406000c.html 2020年12月17日閲覧。 
  65. ^ 西武の守護神・高橋朋己、「強さ」の秘密 2 東洋経済オンライン 2014年9月11日掲載
  66. ^ a b 西武の守護神・高橋朋己、「強さ」の秘密 東洋経済オンライン 2014年9月11日掲載
  67. ^ 昨季29セーブの西武・高橋朋、シンカー練習も「まだまだ遊び」 SANSPO.COM 2015年2月6日掲載
  68. ^ 「野球人生、どうせあと数年ですよ」西武・高橋朋己が探す完全復活の道。”. Number Web (2018年3月9日). 2018年10月29日閲覧。
  69. ^ a b 西武守護神高橋、昇給で「漫画買います」 日刊スポーツ 2014年12月4日紙面から
  70. ^ 西武 新人高橋 漫画200冊持参で入寮「いつでも貸し出します」 スポニチ Sponichi Annex 2013年1月7日掲載
  71. ^ a b E-girls・Ami、ミニスカ美脚で豪快投球 ノーバンならず「悔しい気持ち」 モデルプレス (2015年7月3日) 2015年8月4日閲覧
  72. ^ “西武・高橋朋の夫人・Aさんが第1子女児出産”. サンケイスポーツ. (2015年9月15日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20150915/lio15091505000001-n1.html 2018年10月29日閲覧。 
  73. ^ “西武高橋朋己が第2子誕生を報告 ファンから祝福”. 日刊スポーツ. (2018年1月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801260000830.html 2018年10月29日閲覧。 
  74. ^ “西武高橋朋己、母校の初快挙弾みに支配下復帰目指す”. 日刊スポーツ. (2020年1月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001250000451.html 2020年10月20日閲覧。 
  75. ^ 2013年8月22日 千葉ロッテ 対 埼玉西武 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト

関連項目[編集]