高橋樹也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 樹也
広島東洋カープ #46
Takahashi-mikiya.jpg
2017年11月9日 天福球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岩手県花巻市
生年月日 (1997-06-21) 1997年6月21日(20歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト3位
初出場 2017年4月30日
年俸 500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 樹也(たかはし みきや、1997年6月21日 - )は、岩手県花巻市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

投球フォーム(2017/7/28 ウエスタンリーグ)

プロ入り前[編集]

小学校から笹間一スポーツ少年団(軟式野球)で野球を始める。

花巻東高等学校では1年秋からベンチ入り。3年夏に岩手大会決勝戦で13回190球を投げ、第97回全国高等学校野球選手権大会出場に貢献[2]。初戦の専大松戸高校戦では2失点で完投勝利[3]。3回戦では仙台育英高校と対戦し、1失点を喫し敗退した。U18ワールドカップにも出場し、中継ぎとして3試合に登板。6回を投げ無失点で準優勝に貢献した。

2015年10月22日に行われたドラフト会議広島東洋カープから3位指名を受け、11月7日に合意した[4]

プロ入り後[編集]

2017年4月30日の横浜DeNAベイスターズ戦でプロ初登板を果たし、筒香嘉智から三振を奪った。8月4日の横浜DeNAベイスターズ戦ではプロ初先発としてマウンドに上がったが、4回7安打8失点(自責3)で降板し、敗戦投手となった。

人物[編集]

サッカー選手藤村慶太は従兄弟にあたる[5]

選手としての特徴[編集]

球速は最速146キロである[6]。スカウトからは「高校生離れの投球術があり、試合をつくれる」と評されている[7]

詳細情報[編集]

記録[編集]

  • 初登板:2017年4月30日、対横浜DeNAベイスターズ6回戦(横浜スタジアム)、8回裏に6番手で救援登板、0回1/3を無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に筒香嘉智から空振り三振
  • 初先発:2017年8月4日、対横浜DeNAベイスターズ15回戦(横浜スタジアム)、4回8失点で敗戦投手

背番号[編集]

  • 46 (2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月8日閲覧。
  2. ^ 花巻東が延長13回劇的V 高橋190球完投/岩手日刊スポーツ 2015年7月25日配信
  3. ^ 花巻東・高橋が投打に活躍 先制2点打&10K完投日刊スポーツ 2015年8月8日配信
  4. ^ 高橋樹也選手、契約交渉成立広島東洋カープ公式サイト 2015年11月7日
  5. ^ 仙台藤村、カープ3位指名いとこ花巻東・高橋を祝福日刊スポーツ 2015年10月24日配信
  6. ^ 岩手)花巻東の高橋樹也投手がプロ志望届”. 朝日新聞デジタル (2015年10月7日). 2017年4月30日閲覧。
  7. ^ ドラ3高橋オレが一番!純平には負けん”. デイリースポーツ (2015年10月31日). 2017年4月30日閲覧。

関連項目[編集]