高橋百之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高橋 百之(たかはし ももゆき)は元岐阜大学教授(地理学)である。1985年没。

1961年に東京教育大学より理学博士号授与。論文の題は「冬季における天気境界帯についての研究」[1]

著書[編集]

  • 編著『ぼくらの岐阜県 : 郷土の地理と歴史』ポプラ社、1983年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる