高橋秀俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
高橋 秀俊
生誕 1915年1月15日
死没 (1985-06-30) 1985年6月30日(満70歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学慶應義塾大学
出身校 東京帝国大学(現・東京大学)理学部物理学科
主な業績 コンピュータの開発
主な受賞歴 紫綬褒章旭日重光章
プロジェクト:人物伝

高橋 秀俊(たかはし ひでとし、1915年1月15日 - 1985年6月30日)は、物理学者で、日本コンピュータのパイオニアである。東京府豊多摩郡代々幡村(現・東京都渋谷区代々木)生まれ。心理学者元良勇次郎の孫。船舶工学者元良誠三の従兄。

来歴・人物[編集]

1937年東京帝国大学(現・東京大学)理学部物理学科卒業し、助手に就任。1942年助教授に、1957年教授に昇進した。

早くから電磁気学、特に回路論的思考を深く身につけ、分野にとらわれない自由な発想で数多の卓越した研究を行った。中でも1942年の「1次元系では相転移現象は起こらない」ことの簡潔明瞭な証明は周囲に深い感銘を与え、また、1944年チタン酸バリウム強誘電体であることを指摘して、その後の日本の強誘電体研究進展の口火を切ったことは著しい。その後、戦後にまで引き続いて、強誘電体、熱雑音などで大きな仕事をした。

その一方で、戦後、システム理論、制御理論などに関心をもつとともに、保守の大変な真空管を使わぬコンピュータ作成に思索を巡らせていた。1954年、門下の大学院生であった後藤英一パラメトロンを発明するや、それを用いてのコンピュータ実現の準備を進め、1957年からは研究室をあげて製作に取り組み、1958年3月に、日本で初めて安定動作できるコンピュータのパラメトロン計算機第1号であるPC-1を完成した。それ以降、コンピュータのソフトウェアの研究にも力をそそぎ、和田英一など門下生からソフト、ハードの両面で多数の傑出した人材を生み出し、日本のコンピュータ発展の基礎を築いた。また、現場で役立つ「実数学」を標榜して、数値計算の分野でも、素数とした多倍長整数の計算法、FFT(高速フーリエ変換)、二重指数型積分公式などの研究成果を挙げた。

東京大学に大型計算機センター(1965年設置。現東京大学情報基盤センター)が設置された際には、初代所長に就任して計算機センターのあり方の基本の構築に力をつくした。1975年に東京大学を定年退官すると同時に慶應義塾大学に移り、物理学科の新設に力を注いだ。

また、物理学者仲間7名でロゲルギストと呼ぶ同人を結成、物理現象を始めとする幅広い話題について議論を交わし、その結果をふまえて順次交代で含蓄に富んだエッセーを執筆して、岩波書店の雑誌『自然』に連載した。

経歴[編集]

  • 1934年 - 武蔵高等学校卒業
  • 1937年 - 東京帝国大学理学部物理学科卒業。
  • 1937年 - 東京帝国大学理学部助手に就任。
  • 1942年 - 東京帝国大学理学部助教授に就任。
  • 1957年4月 - 東京大学理学博士、「熱的ゆらぎの一般理論」。
  • 1957年 - 東京大学理学部教授に就任。
  • 1963年 - 情報処理学会副会長に就任。
  • 1965年 - 東京大学大型計算機センター初代所長(教授と兼任)に就任。
  • 1969年 - 情報処理学会会長に就任。
  • 1975年 - 東京大学名誉教授、慶應義塾大学工学部教授に就任。
  • 1975年 - 紫綬褒章を受章。
  • 1979年 - プログラミング・シンポジウム委員長に就任。
  • 1980年 - 慶應義塾大学工学部客員教授に就任。
  • 1980年 - 文化功労者に選ばれる。
  • 1985年 - 死去。叙正四位、叙勲二等旭日重光章

著書[編集]

  • 茅誠司, 山内恭彦, 平田森三, 蓮沼宏, 木原太郎, 高橋秀俊, 霜田光一 『高等学校物理 : 全 : 教授資料』 好学社、1952年 
  • 高橋秀俊 『振動と回路』 (合綴版) 岩波書店〈岩波講座現代物理學〉、1954年 
  • 高橋秀俊 『電子計算機』 (合綴版) 岩波書店〈岩波講座現代物理學〉、1955年 
  • 高橋秀俊 『サイバネティックス』 みすず書房〈経営数学〉、1957年 
  • 高橋秀俊 『計算機械』 岩波書店〈岩波講座現代応用数学〉、1958年 
  • 高橋秀俊 『電磁気学』 裳華房〈物理学選書〉、1959年 
  • 西山敏之, 高橋秀俊, 藤村靖 『演習数理物理学・線型物理学』 共立出版〈現代物理学演習講座〉、1960年 
  • Hidetoshi Takahashi and Kiyasu-Zen'iti (ed.) (1960), Parametron, Parametron Institute 
  • 高橋秀俊 『双対と類推』 共立出版〈電子・通信工学講座〉、1960年 
  • 高橋秀俊編 『回路 : 大学演習』 裳華房、1962年 
  • 三浦功, 菅浩一, 俣野恒夫, 山内恭彦, 小谷正雄, 高橋秀俊 『放射線計測学』 (修正版) 裳華房〈物理学選書〉、1962年 
  • 高橋秀俊, 吹田徳雄共編 『エネルギー変換論』 ラテイス、1964年 
  • 高橋秀俊 『線形集中定数系論』 岩波書店〈岩波講座基礎工学〉、1968-1971。 
  • 高橋穣著, 高橋秀俊ほか編 『高橋穣小論集』 高橋秀俊、1968年 
  • 高橋秀俊編 『パラメトロン計算機』 岩波書店、1968年 
  • 高橋秀俊 『線形分布定数系論』 岩波書店〈岩波講座基礎工学〉、1968年 
  • 高橋秀俊編 『医学・生物学のための基礎物理学』 裳華房、1969年 
  • 高橋秀俊 『電子計算機の誕生』 中央公論社〈中公新書〉、1972年 
  • 高橋秀俊 『数理の散策』 日本評論社、1974年 
  • 高橋秀俊, 南雲仁一, 伊理正夫編 『システムサイエンスシリーズ』 産業図書、1974-78。 
  • 高橋秀俊 『数理と現象』 岩波書店、1975年 
  • 高橋秀俊 『エネルギー基礎工学』 オーム社〈総合エネルギー講座 / エネルギー変換懇話会編〉、1979年 
  • 高橋秀俊 『コンピューターへの道』 文芸春秋、1979年 
  • 高橋秀俊編 『医学・生物学のための基礎物理学』 (新版) 裳華房、1981年 
  • 高橋秀俊 『情報科学の歩み』 岩波書店〈岩波講座情報科学〉、1983年 
  • 高橋秀俊, 太田時男 『現代エネルギー基礎論』 オーム社、1984年 
  • 高橋秀俊, 藤村靖 『高橋秀俊の物理学講義 : 物理学汎論』 丸善、1990年ISBN 4621035053。 

訳書[編集]

  • N. F. Mott, R. W. Gurney; 落合麒一郎, 高橋秀俊, 高木豊訳 『イオン結晶論』 丸善出版、1945年 
  • バークレー; 高橋秀俊訳 『人工頭脳』 みすず書房、1957年 
  • ドナルド・G.フィンク; 高橋秀俊, 石田晴久訳 『電子計算機と人間 : 人工知能の出現』 河出書房新社〈現代の科学〉、1969年 
  • Frank S. Crawford, Jr.; 高橋秀俊監訳 『波動』 丸善〈バークレー物理学コース〉、1973-1973。 
  • J.フォンノイマン著 ; A.W.バークス編補; 高橋秀俊監訳 『自己増殖オートマトンの理論』 岩波書店、1975年 

参考文献[編集]