高橋秀樹 (放送作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 秀樹(たかはし ひでき、1955年1月1日 - )は、日本放送作家著述家、教育評論家、自閉症研究者、心理学者。日本放送作家協会常務理事、ニュースサイト「メディアゴン」主筆、株式会社クリア代表、日本自閉症スペクトラム学会、日本マス・コミュニケーション学会、日本映像学会、日本発達障害支援システム学会、日本社会臨床学会、日本医療コミュニケーション学会、日本認知心理学会、日本質的心理学会 心理学史研究会、放送批評懇談会、日本脚本家連盟、日本行動分析学会、サービス学会。東洋大学講師。妻は元TBSアナウンサーの牧嶋博子、子はコラムニスト、元弁護士[1]の高橋維新。

筆名として高橋“ニセモノ”英樹、鱒公介、鷹嘴秀樹、物部尚等を用いることがある。

経歴[編集]

1955年(昭和30年)山形県天童市生まれ。山形県立山形東高校卒業、早稲田大学第一文学部中退[2]麻雀代打ち業、コピーライター見習、ADを経て、1978年(昭和53年)より放送作家に。

星槎大学共生科学部共生科学学科中退、日本大学総合情報社会学科博士前期課程人間科学専攻を経て現在北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科博士課程在学中。

担当番組[編集]

スタッフロールでは「高橋ニセモノ英樹」(同音異字の俳優・高橋英樹をギャグにしたもの)とクレジットされた[3]。タケちゃんマン担当7作家の一人。ひょうきんベストテンも担当。

主な著作[編集]

  • 『中学受験で子供と遊ぼう』日本経済新聞社、2000年(妻の牧嶋博子との共著。後に文春文庫、日経ビジネス人文庫で文庫化)
  • 『父と子の中学受験ゲーム』朝日新聞社(朝日新書)、2007年
  • 『先生で選ぶ中高一貫校』日本経済新聞出版社、2007年

作詞曲[編集]

映画脚本[編集]

雑誌連載[編集]

  父と子の中学受験ゲーム

  • 一冊の本

  テレビの現場から

出典[編集]

  1. ^ メディアゴンで連載しているコラムの2019年3月17日分(高橋維新の「R-1ぐらんぷり2019」ネタ全批評)から肩書きの「弁護士」が外れ、日本弁護士連合会公式サイトの弁護士情報検索でも検索結果が表示されなくなっている
  2. ^ 中学受験で子どもと遊ぼう(文藝春秋)
  3. ^ 高橋秀樹. “<芸能界で同姓同名は厳禁>放送作家・高橋秀樹と大俳優・高橋英樹のギャラが間違えて振り込まれた”. 2016年2月6日閲覧。