高橋竜平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 竜平Boxing pictogram.svg
基本情報
本名 高橋竜平
階級 スーパーバンタム級
身長 164cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1990-02-01) 1990年2月1日(29歳)
出身地 新潟県加茂市
スタイルボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 17
KO勝ち 7
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

高橋 竜平たかはし りょうへい1990年2月1日)は、日本男性プロボクサー新潟県加茂市出身。横浜光ボクシングジム所属。

来歴[編集]

2012年12月2日、新宿FACEで住友将吾とスーパーフライ級4回戦を行い、初回1分36秒TKO負けを喫しデビュー戦を白星で飾れなかった[1]

2013年10月5日、後楽園ホール武田航とスーパーフライ級4回戦を行い、4回0-0(3者とも38-38)の判定で引き分けた[2]

2014年9月25日、後楽園ホールで行われた第71回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準決勝で吉松大樹と対戦し、4回3-0(39-38、40-37、40-36)の判定勝ちを収め決勝進出を果たした[3]

2014年11月2日、後楽園ホールで行われた第71回東日本新人王トーナメントバンタム級部門決勝で児玉堅と対戦し、4回3-0(40-36が2者、40-37)の判定勝ちを収め東日本新人王の座を射止めた[4]

2014年12月21日、後楽園ホールで行われた第61回全日本新人王決定戦バンタム級部門決勝で田淵圭祐と対戦し、5回3-0(49-46、50-46、50-45)の判定勝ちを収め全日本新人王の座を射止めた[5]

2014年1月28日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級15位にランクインした[6]

2015年5月1日、大田区総合体育館で行われた「ダイヤモンドグローブ・スペシャル」で坂田北斗とバンタム級6回戦を行い、6回3-0(59-55、60-55、60-54)の判定勝ちを収めた[7]

2015年8月21日、後楽園ホールで行われた「ダイナマイトパンチ97」で久保賢司とバンタム級8回戦を行い、8回3-0(78-73が2者、78-72)の判定勝ちを収めた[8]

2015年11月24日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で横山一喜と54.0kg契約8回戦を行い、5回2分5秒TKO勝ちを収めた[9]

2015年12月24日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級ランキングからランク外とした[10][11]

2016年3月19日、メルボルンでアンドリュー・モロニーとWBAオセアニアバンタム級王座決定戦を行い、10回0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[12]

2016年7月19日、後楽園ホールで行われた「ダイナマイトパンチ101」でヨドシン・パッジャイジムとスーパーバンタム級8回戦を行い、2回2分52秒TKO勝ちを収め再起を果たした[13]

2016年10月11日、後楽園ホールで行われた「ダイナマイトパンチ102」で武田航と54.1kg契約8回戦を行い、8回3-0(77-75が2者、78-75)の判定勝ちを収め3年ぶりとなる再戦を制した[14]

2016年10月26日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級15位にランクインした[15][16]

2017年1月11日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級13位にランクインした[17]

2017年1月29日、翌30日に後楽園ホールで行われる「フレッシュボーイ83」で日本スーパーフライ級5位の木村隼人とバンタム級8回戦を行う予定だったが、前日計量で高橋に3.3kgの体重超過があり試合は中止となった[18]

2017年2月2日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級ランキングからランク外とした[19][20]

2017年5月26日、後楽園ホールで行われた「A-sign.Bee vol.3」で田中一樹と54.5kg契約8回戦を行い、3回2分50秒TKO勝ちを収めた[21]

2017年5月29日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級14位にランクインした[22][23]

2017年6月29日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級12位にランクインした[24]

2017年8月5日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で入口裕貴とスーパーバンタム級8回戦を行い、8回1-2(77-75、75-77が2者)の判定負けを喫した[25]

2017年8月31日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本バンタム級ランキングからランク外とした[26][27]

2017年11月6日、後楽園ホールで行われた 「A-sign.Bee8」でパンタワット・サイトーンジムとスーパーバンタム級8回戦を行い、2回35秒KO勝ちを収め再起を果たした[28]

2017年12月20日、バンコクでペッナムヌン・シッサイトーンとIBFパンパシフィックスーパーバンタム級王座決定戦を行い、5回TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[29]

2018年3月2日、後楽園ホールで行われた 「A-sign.Bee11」で小山哲也(横田S) とフェザー級8回戦を行い、7回2分32秒TKO勝ちを収めた[30]

2018年4月26日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級17位にランクインした[31]

2018年5月30日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級16位にランクインした[32]

2018年6月20日、バンコクでマイク・タワッチャイとIBFアジアパンパシフィックスーパーバンタム級王座統一戦を行い、12回判定勝ちを収め統一王座獲得に成功した[33]

2018年6月29日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級11位にランクインした[34]

2018年7月31日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級12位にランクインした[35]

2018年8月31日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級12位にランクインした[36]

2018年9月1日、後楽園ホールで行われた「ダイナミックグローブ」で草野慎悟(三迫)とフェザー級8回戦を行い、8回3-0(77-76、77-74、77-75)で判定勝ちを収めた[37]

2018年9月14日、一般人と入籍する。

2018年9月27日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級11位にランクインした[38]

2018年10月3日、IBFは最新ランキングを発表し、高橋を世界スーパーバンタム級10位にランクインした[39]

2018年10月31日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級12位にランクインした[40]

2018年11月5日、IBFは最新ランキングを発表し、高橋を世界スーパーバンタム級10位にランクインした[41]

2018年11月29日、JBCは最新ランキングを発表し、高橋を日本スーパーバンタム級12位にランクインした[42]

2019年1月18日、米国ニューヨークの マディソン・スクエア・ガーデン・シアターでIBFスーパーバンタム級王者のテレンス・ジョン・ドヘニーと世界スーパーバンタム級タイトルマッチを行い、11回2分18秒TKO負けを喫して世界王座獲得に失敗した[43]。前年の12月1日から打診はあったものの、試合の日程が決まらず疑心暗鬼になっていたところ、試合の10日前になって試合が決まったと急遽連絡が来てから慌ててビザを取得し、試合1週間前にギリギリで正式決定した試合だった[44]

2019年6月11日、後楽園ホールでイム・ジヌクと対戦し、5回終了TKO勝ちを収め、再起に成功した[45]

戦績[編集]

  • アマチュア:20戦10勝(2KO)10敗
  • プロボクシング:22戦17勝(7KO)4敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2012年12月2日 敗北 1R 1:36 TKO 住友 将吾(RK蒲田) 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2013年10月5日 引分 4R 判定0-0 武田 航(角海老宝石) 日本の旗 日本
3 2014年1月14日 勝利 4R 判定3-0 森下 聖(新日本木村) 日本の旗 日本
4 2014年5月21日 勝利 4R 判定3-0 仲島 侑太郎(帝拳) 日本の旗 日本
5 2014年9月25日 勝利 4R 判定3-0 吉松 大樹(協栄) 日本の旗 日本 第71回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準決勝
6 2014年11月2日 勝利 4R 判定3-0 児玉 堅(竹原&畑山) 日本の旗 日本 第71回東日本新人王トーナメントバンタム級部門決勝
7 2014年12月21日 勝利 4R 判定3-0 田淵 圭祐(八尾) 日本の旗 日本 第61回全日本新人王決定戦バンタム級部門決勝
8 2015年5月1日 勝利 6R 判定3-0 坂田 北斗(石神井スポーツ) 日本の旗 日本
9 2015年8月21日 勝利 8R 判定3-0 久保 賢司(角海老宝石) 日本の旗 日本
10 2015年11月24日 勝利 5R 2:05 TKO 横山 一喜(古口) 日本の旗 日本
11 2016年3月19日 敗北 10R 判定0-3 アンドリュー・モロニー(オーストラリア) オーストラリアの旗 オーストラリア WBAオセアニアバンタム級王座決定戦
12 2016年7月19日 勝利 2R 2:52 TKO ヨドシン・パッジャイジム(タイ) タイ王国の旗 タイ
13 2016年10月11日 勝利 8R 判定3-0 武田 航(角海老宝石) 日本の旗 日本
14 2017年5月26日 勝利 3R 2:50 TKO 田中一樹(グリーンツダ) 日本の旗 日本
15 2017年8月5日 敗北 8R 判定1-2 入口裕貴(エスペランサ) 日本の旗 日本
16 2017年11月6日 勝利 2R 0:35 TKO パンタワット・サイトーンジム(タイ) タイ王国の旗 タイ
17 2017年12月20日 勝利 5R TKO ペッナムヌン・シッサイトーン(タイ) タイ王国の旗 タイ IBFパンパシフィックスーパーバンタム級王座決定戦
18 2018年3月2日 勝利 7R 2:32 TKO 小山哲也(横田S) 日本の旗 日本
19 2018年6月20日 勝利 12R 判定 マイク・タワッチャイ(タイ) タイ王国の旗 タイ IBFアジアパンパシフィックスーパーバンタム級王座統一戦
20 2018年9月1日 勝利 8R 判定3-0 草野慎悟(三迫) 日本の旗 日本
21 2019年1月19日 敗北 11R 2:18 TKO テレンス・ジョン・ドヘニー アイルランドの旗 アイルランド IBFスーパーバンタム級タイトルマッチ
22 2019年6月11日 勝利 5R終了 TKO イム・ジヌク 大韓民国の旗 韓国
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年12月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2012年12月2日参照
  2. ^ 2013年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2013年10月5日参照
  3. ^ 東日本新人王準決勝25日の結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月25日
  4. ^ 東日本新人王決勝 高校生の粕谷雄一郎がMVP Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月2日
  5. ^ 全日本新人王決定戦、MVPは別府優樹 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月21日
  6. ^ 2015年1月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年1月28日
  7. ^ 八重樫東が再起に成功、2回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月1日
  8. ^ 仲村正男が金子大樹に競り勝つ、Se級元王者対決 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月21日
  9. ^ 五十嵐俊幸が負傷判定ドロー、岩佐亮佑は再起成功 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月24日
  10. ^ 2015年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年12月24日
  11. ^ 勅使河原・大里ら日本ランク入り、バンタム級は空位に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月24日
  12. ^ 川島翔平が韓国でOPBF8位下す、高橋竜平は豪で敗退 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月20日
  13. ^ ミドル級ランカー対決、胡朋宏が8回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月19日
  14. ^ 赤穂亮が2-1の辛勝、勅使河原弘晶は善戦及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月11日
  15. ^ 2016年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年10月26日
  16. ^ 最新日本ランク、大森将平と大沢宏晋が保留選手に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月26日
  17. ^ 2016年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年1月11日
  18. ^ 多田悦子がマカオでV1戦、ホール高橋vs木村が中止 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月29日
  19. ^ 2017年1月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年2月2日
  20. ^ 最新日本ランキング、上原拓哉らがランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月2日
  21. ^ 近藤明広が岡崎祐也をTKO、高野人母美は雪辱果たす Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月26日
  22. ^ 2017年5月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年5月29日
  23. ^ 最新日本ランキング、清水聡がフェザー級10位に Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月29日
  24. ^ 2017年6月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年6月29日
  25. ^ 赤穂亮が逆転の9回TKO勝ち、日本バンタム級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月5日
  26. ^ 2017年8月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年8月31日
  27. ^ 太田輝、入口裕貴、富岡樹ら日本ランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月1日
  28. ^ 河野洋佑がランカー野口を撃破、メインの望月は快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年11月6日
  29. ^ Doheny defeats Tawatchai in IBF eliminator Fightnews.com 2017年12月22日
  30. ^ IBF11位の阿部麗也が判定勝ち、近藤明広は再起 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月2日
  31. ^ 2018年4月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年4月29日
  32. ^ 2018年5月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年5月30日
  33. ^ 高橋竜平がタイでIBF13位に勝利、松永宏信も快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年6月22日
  34. ^ 2018年6月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年6月29日
  35. ^ 2018年7月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年6月31日
  36. ^ 2018年8月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年8月31日
  37. ^ 齊藤裕太が2回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2018年9月1日
  38. ^ 2018年9月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年9月27日
  39. ^ IBF Ratings 03rd of October 2018
  40. ^ 2018年10月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年10月31日
  41. ^ IBF Ratings 07th of December 2018
  42. ^ 2018年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年11月29日
  43. ^ 高橋竜平らしさ出せず、ドヘニーに11回TKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2019年1月19日
  44. ^ 緊急世界戦の高橋竜平が渡米「え、え、えっ、うそ?!」”. スポーツ報知 (2019年1月13日). 2019年7月31日閲覧。
  45. ^ 高橋竜平が5回TKO勝ち 世界挑戦失敗から再起 Boxing News(ボクシングニュース)2019年6月11日

関連項目[編集]