高橋興光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 興光(たかはし おきみつ、文亀3年(1503年) - 享禄2年11月21日1529年12月21日))は、戦国時代武将安芸国石見国国人高橋氏の当主。高橋久光の次男・高橋弘厚の子とされるが、高橋氏の系図については異説も多く、以下の記述も確定的なものではない。

生涯[編集]

1515年、当主であった伯父高橋元光(もとみつ)の戦死により、祖父・久光の後見を受けて家督を相続する。父に倣い、大内義興から一字を貰って興光と名乗ったが、これは安芸国人一揆の結束を弱め、大内氏による安芸への影響力が再び強まる一因となった。

近隣の国人毛利氏とは当主毛利興元に叔母(伯母)が嫁いだ上に、男児毛利幸松丸にも恵まれ友好関係にあった。1516年の興元の早世を機に外戚として毛利氏に干渉するも、1521年には毛利幸松丸の外祖父として権力を振るった久光も戦死してしまう。

毛利家の幼主を後見していた毛利元就(興元の弟で、幸松丸の夭折後に家督も相続)は、高橋氏と敵対するようになり、まずは松尾城にいた父・弘厚(一説に弘厚の弟・重光(しげみつ)とも)が滅ぼされた。次に元就は興光の叔父(従兄弟、義兄弟とも)高橋盛光(もりみつ)をそそのかし、合戦から帰還途中の興光を討ち果たさせ、それに乗じ高橋氏の領地を併呑した(なお、盛光も主君殺しを理由に直後に元就に殺害されている)。これにより石見高橋氏は滅亡した。

なお、元光・久光の戦死についても、興光の最後と類似したエピソードが伝わっており、どこかで伝承に混乱があったと推察される。ちなみに、同じく元就に滅ぼされた本城常光は高橋氏の一族だという。

登場作品[編集]

関連項目[編集]