高橋誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 誠一(たかはし せいいち、1945年昭和20年)11月23日 - 2014年平成26年)2月11日[1])は、日本の地理学者歴史学者関西大学教授奈良県生まれ。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『日本古代都市研究』古今書院、1994
  • 『琉球の都市と村落』関西大学出版部、2003
  • 『東アジア都城紀行』ナカニシヤ出版 叢書・地球発見、2007
  • 『日本と琉球の歴史景観と地理思想』関西大学出版部、2012

共編著[編集]

  • 与論島 琉球の原風景が残る島』竹盛窪共著 ナカニシヤ出版、2005
  • 『都市と農地景観』秋山元秀、金田章裕溝口常俊、山田誠共編 朝倉書店、2008 アジアの歴史地理

参考[編集]

  • [ISBN 978-4-87354-549-3]
  • 『現代日本人名録』2002年 
  • J-GLOBAL

脚注[編集]

  1. ^ 高橋誠一氏死去(関西大名誉教授・歴史地理学) 時事ドットコム 2014年2月12日