高橋輝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋輝次(たかはし てるつぐ、1946年 - )は、編集者、文筆家。

三重県伊勢市に生まれ、神戸市で育つ。1968年に大阪外国語大学英語科卒業後、協和銀行勤務。1969年に創元社に入社するも1992年には病気のために退社し、フリーの編集者となる。古本についての編著をなす。

著書[編集]

  • 『古書と美術の森ヘ 編集者の眼』新風舎、1994
  • 『編集の森へ 本造りの喜怒哀楽』北宋社、1994
  • 『著者と編集者の間 出版史の森を歩く』武蔵野書房、1996
  • 『古本が古本を呼ぶ 編集者の書棚』青弓社、2002
  • 『関西古本探検 知られざる著者・出版社との出会い』右文書院、2006
  • 『古書往来』みずのわ出版、2009
  • 『ぼくの古本探検記』大散歩通信社、2011、Sanpo magazine別冊
  • 『ぼくの創元社覚書』亀鳴社、2013 

編著・共編[編集]

  • 『古本屋の自画像 店主たちの喜怒哀楽』編、燃焼社、1996
  • 『古本屋の蘊蓄 店主たちの書物談義』編、燃焼社、1997
  • 『古本屋の本棚 店主たちのこだわり』編、燃焼社、1997
  • 『古本屋の来客簿 店主たちの人間観察』編、燃焼社、1997
  • 『原稿を依頼する人される人 著者と編集者の出逢い』編、燃焼社、1998
  • 『誤植読本』編著、東京書籍、2000、のちちくま文庫 
  • 『古本漁りの魅惑』編著、東京書籍、2000
  • 『神戸の古本力』林哲夫,北村知之共編著、みずのわ出版、2006