高橋邦夫 (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 邦夫(たかはし くにお)は、日本外交官2011年からネパール全権委任大使。2012年から南アジア地域協力連合(SAARC)常駐代表を兼務。

人物・経歴[編集]

千葉県八千代市出身。1976年東京大学法学部を卒業後、外務省に入省する。

在イギリス大使館一等書記官、財団法人日本国際問題研究所研究調整部長一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻客員教授、外務省国際情報局分析二課長在英国日本国大使館公使在中華人民共和国日本国大使館公使、法務省札幌入国管理局長、法務省大阪入国管理局長、法務省東京入国管理局長、参議院事務局国際部長を経て、2009年7月より駐スリランカ大使兼モルディブ大使[1]2011年9月1日より駐ネパール大使[2]。2013年11月株式会社日本総合研究所国際戦略研究所副理事長[3]

中国公使時代の2002年5月8日瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件 が起こった際、中国外務省に対して総領事館の敷地に武装警察官が侵入したことを抗議し、北朝鮮亡命者(金高哲一家など5人)の引渡しを求めた。なお、事件後、訓戒の上、給与の10パーセント、1ヶ月分を自主返納した[4]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 国際公務員セミナーを開催 第2回「内から見た日本、外から見た日本 ~日中関係を視座として~」(2005年10月14日、大阪入管局長時代)”. 西南学院大学ホームページ. 2011年4月1日閲覧。
  2. ^ (日本語) 【人事】外務省”. msn産経ニュース (2011年8月27日). 2012年1月7日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ (日本語) 外務省の処分者一覧”. 47NEWS 共同ニュース. 2011年4月1日閲覧。
  • (日本語)高橋大使挨拶(駐スリランカ日本大使館公式ホームページ)