高沢産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高沢産業株式会社
TAKASAWASANGYO CO.,LTD.
本社ビル(長野市)
本社ビル(長野市)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
380-0823
長野県長野市南千歳1丁目15番地3
設立 1947年
業種 卸売業
法人番号 2100001001852
事業内容 鉄鋼鋳物原料卸、建設資材卸、道路用舗装資材製造販売、OAシステム事業
代表者 代表取締役 高澤曜宏
資本金 1億円(単体)
売上高 275億円(単体・2019年3月期)
外部リンク http://www.takasawa.co.jp/
テンプレートを表示

高沢産業株式会社(たかさわさんぎょう)は長野県長野市に本社を置く専門商社。 鉄鋼原料事業部、建設資材事業部、セメント建材事業部、OAシステム事業部の四事業部からなる。 多くの関連会社を持ち、高沢産業を中核とするこの企業集団を“高沢グループ”と称する。

事業概要[編集]

鉄鋼分野では、鋳物用原材料(銑鉄、コークス、合金鉄、スクラップ等)の専門商社として、中京地区から関東、東北、北陸などを主な商圏としている。本社所在地である長野県では、建設分野(道路用舗装資材製造販売、生コンクリート、セメント等の資材販売)が中心であり、この他にOAシステム事業、太陽光発電事業などを行っている。
多角的経営に特徴があり、グループ傘下の関連企業では、建設資材販売、建築土木施工、鋳造製品製造、鉄及び非鉄金属加工、輸入自動車販売、レンタカー事業(オリックスレンタカーの国内最大のFC)、石油製品販売、LPガス販売、書籍販売(平安堂)、介護福祉事業、飲食事業(大戸屋大阪王将のFC)など幅広い分野に事業を展開している。[1]

沿革[編集]

1911年(明治44年)創業
1947年(昭和22年)株式会社に組織変更

事業所[編集]

本社 長野市南千歳1-15-3
名古屋支店 名古屋市熱田区金山町1-11-7
東京支店 川口市八幡木3-2-4
営業本部 長野市川合新田2889-5
更埴営業所 千曲市新田土手外909
東部営業所 東御市加沢1366
軽井沢営業所 北佐久郡軽井沢町追分三ツ石1392
長野工場 長野市大豆島舟渡島5562
松本営業所 松本市笹賀5652-15
中信営業所 松本市井川城3-12-17
山形事業所 山形市立谷川2-1312-3

グループ企業・主な店舗[編集]

  • 株式会社タカサワ
  • 株式会社タカサワマテリアル
  • 株式会社平安堂
  • タカサワ通商株式会社
  • 高和興業株式会社
  • 株式会社高和製作所
  • 北信アスコン株式会社
  • 千曲開発工業株式会社
  • 信濃石産興業株式会社
  • 第一生コンクリート株式会社
  • サンポンプクリート株式会社
  • 株式会社デュアル
  • 株式会社蔦友
  • 株式会社内山商店
  • 佐久インターウェーブ
  • 城南高沢ガス株式会社
  • 株式会社テーエスケー
  • 南長野ゴルフ倶楽部
  • モトーレン長野(Nagano BMW)
  • プジョー長野
  • プジョー松本
  • プジョー甲府
  • シトロエン長野
  • ルノー信州長野
  • ルノー信州松本
  • ジープ長野
  • ジープ松本
  • ジープ甲府
  • アルファロメオ松本
  • スズキアリーナまめじま

他社の買収[編集]

  • 1999年:ジャスコが運営していた自動車ディーラー「フォードライフ信州」を買収。
  • 2002年:地元の自動車ディーラー「モトーレン長野」(BMW正規ディーラー)を買収。
  • 2005年:地元の建設資材商社「オークサ・マテックス」(現タカサワマテリアル)を買収。
  • 2009年:地元の商社「アルピコ通商」(アルピコグループ)を買収。
  • 2010年:山梨県甲府市の自動車ディーラー「フォード山梨」[2]を買収。
  • 2012年:長野県内を中心に書店「平安堂」を展開する株式会社平安堂を完全子会社化した。書籍販売業界の環境が厳しさを増す中、経営基盤強化を目指す平安堂が支援要請を行ったものである。
買収の意図について高澤曜宏社長は、同年3月15日の信濃毎日新聞で「長野の文化的な顔を守る必要があると判断した」とし[3]、また同年6月16日の同紙インタビューでは「平安堂は老舗書店として地域の信頼を得ており、住民の生活の一部だ。業界をめぐる環境は厳しいが、貢献したいと思った」とコメントしている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 東京商工リサーチ「エラベル長野」2017年12月発行「特集ひと目でわかる業界地図」
  2. ^ 東京都多摩市の自動車部品卸「ムラキ」が運営していた
  3. ^ 信濃毎日新聞2012年3月15日「平安堂 高沢産業が買収 資金的支援要請を受け」
  4. ^ 信濃毎日新聞2012年6月16日「信州経済 完全子会社化した平安堂の今後は」