高津正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高津 正道(たかつ まさみち、1893年4月20日 - 1974年1月9日)は、日本の社会運動家政治家
衆議院議員(当選5回)、衆議院副議長などを務めた。

来歴・人物[編集]

広島県御調郡羽和泉村(現・三原市)生まれ。1918年、妻多代子(のち日本初の女性社会主義グループ「赤瀾会」創立メンバー、28歳で早逝)と共に上京し、早稲田大学文学部哲学科に入学。在学中「暁民会」を組織、活発な社会主義運動を展開、そのため大学を追われ1921年日本社会主義同盟を設立。翌、1922年日本共産党第一次共産党)の創立に参加し中心メンバーとなるが、翌1923年中国及びソ連に亡命。2年後帰国し共産党を脱党。1927年労農党に入り文化運動、農民運動に転じ多数の無産青年の啓蒙に当たった。日本無産党結党にも参加した。戦後は日本社会党の創立に参加し、1946年第22回衆議院議員総選挙に広島全県区から立候補して初当選した。以後広島県第3区 (中選挙区)から通算4回当選し、衆議院副議長や両院議員総会長などをつとめた。

1957年第26国会衆議院文教委員会で日本芸術院第一部と日展の結びつきについて質問し、芸術院の腐敗を正したことから、日展は在野の団体となった。

あさま山荘事件の直後、1972年3月1日日比谷野外音楽堂で行われた「三・一朝鮮独立五十三周年日韓条約粉砕入管法外国人学校法国会上程阻止決起集会」において「連合赤軍はわずか5人で1400人の警官隊を相手によく戦った。今や社会主義運動は言葉だけでは無くなった。私は50年間もの間この日が来ることを首を長くして待っていた。これで革命も間もないことだろう」とのアジテーション演説を行った。のちに明らかとなった山岳ベース事件で、赤軍のメンバーが仲間をなぶり殺しにしていたことが発覚し、高津を始めとして赤軍の行動を賞賛していた勢力は世論から批判を受けることとなる。

1974年1月9日死去。80歳没。

関連項目[編集]

議会
先代:
原彪
日本の旗 衆議院副議長
第37代:1954年 - 1955年
次代:
杉山元治郎