高瀬正仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高瀬 正仁
(たかせ まさひと)
人物情報
別名 カール・フリードリヒ・タカセ[1]
生誕 1951年
群馬県勢多郡東村(現・みどり市
学問
研究分野 ドイツ数学史、多変数関数論虚数乗法論、ヤコビ関数
研究機関 九州大学大学院数理学研究院、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
学会 日本数学会
主な受賞歴 九州大学全学教育優秀授業賞(2008年)
日本数学会賞出版賞(2009年)
テンプレートを表示

高瀬 正仁(たかせ まさひと、1951年1月23日[2]- )は日本の数学者数学史家。理学博士(九州大学)。九州大学基幹教育研究院教授、大正大学非常勤講師。専門は多変数関数論、数学史。

略歴[編集]

群馬県勢多郡東村(現・みどり市)生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。九州大学大学院修了。1993年「虚数乗法論と多変数解析関数論の史的研究」で理学博士。九州大学助手、講師、九州大学大学院数理学研究院准教授、九州大学基幹教育院教授。歌誌『風日』同人。

著書[編集]

単著[編集]

  • ガウスの遺産と継承者たち ドイツ数学史の構想』海鳴社〈Monad books〉、1990年。ISBN 4-87525-057-6。
  • 『dxとdyの解析学 オイラーに学ぶ』日本評論社、2000年。ISBN 4-535-78303-9。
  • 『評伝岡潔 星の章』海鳴社、2003年。ISBN 4-87525-214-5。
  • 『評伝岡潔 花の章』海鳴社、2004年。ISBN 4-87525-218-8。
  • 岡潔 数学の詩人』〈岩波新書〉、2008年。ISBN 978-4-00-431154-6。
  • 高木貞治 近代日本数学の父』〈岩波新書〉、2010年。ISBN 978-4-00-431285-7。
  • 岡潔とその時代』I 正法眼蔵、みみずく舎(発行) 医学評論社(発売)〈評伝岡潔 虹の章〉、2013年。ISBN 978-4-86399-194-1。
  • 岡潔とその時代』II 龍神温泉の旅、みみずく舎(発行) 医学評論社(発売)〈評伝岡潔 虹の章〉、2013年。ISBN 978-4-86399-195-8。
  • 古典的難問に学ぶ微分積分』共立出版、2013年。ISBN 978-4-320-11041-0。
  • 近代数学史の成立』解析篇 (オイラーから岡潔まで)、東京図書、2014年。ISBN 978-4-489-02185-5。
  • アーベル』前編 (不可能の証明へ)、現代数学社〈双書・大数学者の数学 11〉、2014年。ISBN 978-4-7687-0432-5。
  • 紀見峠を越えて 岡潔の時代の数学の回想』萬書房、2014年。ISBN 978-4-907961-01-5。 - 日本図書館協会選定図書。
  • 高木貞治とその時代 西欧近代の数学と日本東京大学出版会、2014年。ISBN 978-4-13-061310-1。
  • 微分積分学の史的展開 ライプニッツから高木貞治まで講談社、2015年。ISBN 978-4-06-156541-8。
  • dxとdyの解析学 オイラーに学ぶ』日本評論社、2015年、増補版。ISBN 978-4-535-78776-6。
  • 人物で語る数学入門岩波書店〈岩波新書〉、2015年。ISBN 978-4-00-431548-3。

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ガウス & 高瀬 (1995, p. ii)
  2. ^ 『現代日本人名録』2002

関連文献[編集]

関連項目[編集]