高田匡隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高田 匡隆(たかだ まさたか、1977年 - )は日本クラシック音楽ピアニスト

略歴[編集]

神奈川県出身[1]1996年、吹田音楽コンクールの本選でカロル・シマノフスキの12の練習曲を演奏し、20歳以前の段階でヴィルトゥオーゾ性を印象付け注目された。桐朋学園大学卒業後、米国マネス音楽院、ハンガリー国立リスト音楽院でピアノを学ぶ。現在は、イタリア国立サンタ・チェチリーア音楽院で研鑽を積んで帰国。第53回神奈川文化未来賞、青山音楽賞を受賞した新鋭のピアノ奏者である。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マルタミュージックサービス”. maltamusic.net. 2018年11月16日閲覧。