高田富蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高田 富蔵(たかだ とみぞう、慶応3年8月6日[1]1867年9月3日) - 没年不詳)は、日本裁判官台湾総督府官僚教育者

経歴[編集]

摂津国八部郡山田村(現在の兵庫県神戸市北区)出身[1]1894年明治27年)、東京帝国大学法科大学英法科を卒業し、司法官試補となる[1]台湾総督府法院判官、覆審法院部長、台北地方法院長、高等法院上告部判官・覆審部長を歴任し、1921年大正10年)から台北州知事を務めた[1]

1924年(大正13年)に退官した後は、ハルビン日露協会学校校長に転じた[1]1932年(昭和7年)に日露協会学校が哈爾浜学院と改称した後も引き続き院長を務め、1935年(昭和10年)まで在職した[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]