高田康暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高田 康暉(たかだ こうき、1993年6月13日 - )は日本陸上競技選手。専門は長距離走鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島実業高等学校早稲田大学競走部卒業。住友電工所属。 [1]

人物・経歴[編集]

高校生[編集]

  • 2009年第64回国民体育大会陸上競技少年B3000mで優勝した。
  • 2010年記念すべき第1回ユースオリンピック1000mに日本代表選手として出場し15位という成績を残した。[3]
  • 2010年第61回全国高等学校駅伝競走大会でアンカー7区を担当。連覇を狙う世羅高校から14秒差の2位でタスキを受け取ると、3.8キロでその差を詰めてトラック勝負に持ち込む。最後のトラック勝負では圧倒的なスパートで世羅高校の選手を置き去りにしてゴール。鹿児島実業高校初優勝の立役者になった。[4]

大学2年生[編集]

大学3年生[編集]

  • 箱根駅伝常連校の選手が多数出場する上尾シティハーフマラソンで、高校時代ともに全国高校駅伝初優勝を成し遂げた先輩である市田孝に1秒差で競り勝ち1時間2分02秒という記録で優勝した。また、その結果から市田とともにニューヨークシティハーフマラソンに招待され、1時間3分21秒という記録で11位に入った。[5]
  • 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走で前回区間賞を獲った花の2区を担当。1時間8分17秒という記録で前回より1秒タイムを縮めたが、区間順位は6位だった。

大学4年生[編集]

自己記録[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2015/member/waseda/04_takada.html
  2. ^ http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20150320-OHT1T50073.html
  3. ^ http://www.joc.or.jp/games/youth_olympic/2010/all_kekka.html
  4. ^ http://www.koukouekiden.jp/record/archive/m_61/report.html
  5. ^ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/16/kiji/K20150316009992640.html