高田景次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高田 景次(たかだ けいじ、1916年1月23日 - 2003年3月16日[1])は、日本の政治家。元秋田魁新報社監査役、元秋田市長秋田県大仙市(旧中仙町[2])出身。

経歴[編集]

  • 秋田県立角館中学校から山形高等学校を経て東京大学法学部卒業。
  • 戦後秋田魁新報社に入り、政治部長を経て 1958年(昭和33年)取締役、編集局長。
  • 1973年昭和48年)2月から1990年(平成2年)4月まで、連続5期秋田市長を務める。歴代市長の中で最長となる17年間の在任中、「公園都市秋田市をつくる条例」「秋田市文化振興条例」などの制定や市民の健康と体力づくり運動、秋田新都市の建設など多方面にわたって功績を残すなど秋田市発展の基礎を築く[3]
  • 1990年(平成2年)秋田市最高功労者表彰[3]

脚注[編集]

  1. ^ “高田景次氏死去 秋田魁新報社監査役”. 共同通信. (2003年3月17日). http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003031701000129.html 2013年9月28日閲覧。 
  2. ^ 『新訂 現代政治家人名事典』300頁。
  3. ^ a b 広報あきた No.1185 (PDF)”. 高田景次氏前市長を秋田市最高功労者として顕彰. 秋田市 (1990年10月1日). 2013年9月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。ISBN 4816918922