高田機工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田機工株式会社
TAKADAKIKO (Steel Construction) Co.,LTD.
種類 株式会社
市場情報
略称 高田機
本社所在地 日本の旗 日本
556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
パークスタワー6階
設立 1932年(昭和7年)3月1日
(株式会社高田鉄骨橋梁製作所)
業種 金属製品
法人番号 8120001038994
事業内容 道路橋、鉄道橋など鋼橋の設計・製作・架設
ビル建築、学校体育館など鉄骨の設計・製作・架設
鋼橋上部の床版、舗装工事、標識、防護柵などの設置工事
代表者 代表取締役社長 寳角 正明
資本金 5,178,712千円
発行済株式総数 22,375,865株
売上高 単体:16,543,488千円
営業利益 単体:853,000千円
純利益 単体:742,695千円
純資産 単体:16,722,048千円
総資産 単体:24,508,403千円
従業員数 288人
決算期 3月31日
主要株主 日本生命保険 6.06%
神吉利郎 4.54%
新日鐵住金 4.53%
JFEスチール 4.15%
奥村組 4.03%
伊藤忠丸紅鉄鋼 3.67%
(2018年9月30日現在[1]
外部リンク http://www.takadakiko.com/
特記事項:経営指標は 2011年3月 第82期 有価証券報告書
テンプレートを表示

高田機工株式会社(たかだきこう、英文社名 TAKADAKIKO (Steel Construction) Co.,LTD.)は、本社を大阪市浪速区に置く橋梁メーカー。

概要[編集]

事業所[編集]

  • 本社:大阪市浪速区難波中2丁目10番70号(パークスタワー6階)
  • 東京本社:東京都中央区日本橋大伝馬町3番2号(Daiwa小伝馬町ビル)
  • 和歌山工場・技術研究所:和歌山県海南市下津町方1375番地1号

沿革[編集]

  • 1921年(大正10年)6月 - 故高田三次郎が個人営業で土木用機械・工具の販売(大阪市北区北区中之島7丁目)及び鉄骨橋梁の製作(大阪市港区福町2丁目)を開始する。
  • 1924年(大正13年)5月 - 法人組織に改組、商号を合名会社高田兄弟商会とする。
  • 1932年(昭和7年)3月 - 製造部門を分離、大阪市港区福町2丁目に株式会社高田鉄骨橋梁製作所を設立。
  • 1935年(昭和10年)11月 - 合名会社高田兄弟商会株式会社高田鉄骨橋梁製作所を合併、商号を高田商事株式会社とし、本社を大阪市北区中之島6丁目に設置。
  • 1938年(昭和13年)5月 - 大阪市西成区津守町西6丁目に工場を移転(津守工場)、生産の拡充をはかる。
  • 1939年(昭和14年)10月 - 商号を高田機工株式会社に変更。
  • 1942年(昭和17年)6月 - 陸軍当局の要請により上陸用舟艇の製造を行い、後に陸・海軍の管理工場の指定を受ける。
  • 1944年(昭和19年)
    • 10月 - 本社を大阪市西成区津守町西6丁目に移転。
    • 10月 - 東京出張所(現 東京本社)を開設。
  • 1949年(昭和24年)4月 - 企業再建整備法に基づく整備計画認可。
  • 1962年(昭和37年)6月 - 大阪証券取引所市場第二部に株式上場。
  • 1964年(昭和39年)3月 - 岸和田工場一期工事完成、操業開始。
  • 1974年(昭和49年)12月 - 本社を大阪市浪速区敷津町2丁目(松川ビル)に移転。
  • 1993年(平成5年)
    • 3月 - 和歌山工場を新設
    • 4月 - 岸和田工場から和歌山工場へ全面移転
    • 9月 - 大阪証券取引所市場第一部に指定。
    • 12月 - 東京証券取引所市場第一部に株式上場。
  • 1996年(平成8年)10月 - 高田エンジニアリング株式会社を設立。
  • 1997年(平成9年)
    • 2月 - ISO9001認証取得。(JQA-1579)
    • 4月 - 技術研究所を設立
    • 4月 - 東京支店を改称し、東京本社を開設。
  • 2003年(平成15年)10月 - 本社を大阪市浪速区難波中2丁目(パークスタワー)に移転。
  • 2009年(平成21年)3月 - 高田エンジニアリング株式会社を解散。
  • 2017年(平成29年)7月 - 東京証券取引所市場第一部上場基準である2,000人以上の株主数を満たさなかったため、東京証券取引所市場第二部への指定替え猶予期間に入る[2]
  • 2018年(平成30年)3月 - 株主数が2,000人以上になったことから、東京証券取引所市場第二部への指定替え猶予期間を解除[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 四半期報告書(第90期第2四半期)
  2. ^ 当社株式の市場第二部への指定替え猶予期間(株主数)入りに関するお知らせ高田機工 2017年7月10日
  3. ^ 当社株式の市場第二部への指定替え猶予期間(株主数)解除に関するお知らせ高田機工 2018年3月13日

関連項目[編集]