高田純次・河合美智子の東京パラダイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高田純次・河合美智子の東京パラダイス
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 2001年10月13日 - 2012年3月31日
放送時間 土曜日 16:00 - 17:15(JST
放送局 文化放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 高田純次
河合美智子
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

高田純次・河合美智子の東京パラダイス(たかだじゅんじ・かわいみちこのとうきょうパラダイス)は、日本のラジオ番組のタイトル。

文化放送キーステーションに放送された。パーソナリティは、高田純次(タレント)と河合美智子(女優)。2001年10月13日放送開始(同時ネット局は2003年頃から、録音版では2002年10月から)。

番組の歴史[編集]

  • この番組の起源は、1992年4月から1995年9月まで放送されていた、アン・ルイス早見優のコンビによる『アンと優のガールトークタイム』(1993年9月まで日曜8:00-10:00、同年10月から土曜16:00-17:45(1995年4月から17:15までに短縮)に移動)まで遡る。1995年10月14日、早見の新しいパートナーとして高田が登場し、タイトルも『純次・早見のオイシイとこ取り』に変更となった。
  • 1996年10月12日からはパーソナリティはそのままで、タイトルを『高田純次・早見優の東京ブロードウェイ』に変更。さらに2001年4月7日からは高田のパートナーが現在の河合に交代し、タイトルも『高田純次・河合美智子の東京ブロードウェイ』となった。その後、『東京ブロードウェイ』としては2001年10月6日に終了。翌週10月13日よりパーソナリティはそのままでタイトルを変更する形で始まったのが、当番組である。
  • 2012年3月31日をもって終了。これにより高田は16年半に渡り担当した土曜夕方の時間帯からは離れるが、同年4月2日からは『川中美幸 人・うた・心』の後継番組として平日夕方の10分間の帯番組『高田純次 毎日がパラダイス』を河合とともに担当する。

放送時間[編集]

  • 文化放送 - 毎週土曜日 16:00 - 17:15(JST)

同時ネット[編集]

放送開始時刻は文化放送と同じだが、全局とも17時(実質的には16:58、文化放送は同時刻に交通情報で構成)で飛び降り放送となる。なお、下記のネット局は基本的に生放送であるが、パーソナリティのスケジュールの都合などにより録音となる事もある。

かつて同時ネットを行なっていた放送局[編集]

同局のこの時間帯は地域別番組を放送しており、弘前放送局(1215kHz)および八戸放送局深浦中継局十和田中継局(1485kHz)では放送されていなかった。2009年10月3日まで。後番組は青森放送局、野辺地中継局エリア向けの自社制作番組『こちら松森一丁目らじお倶楽部』。


30分録音版[編集]

下記のほか、プロ野球非開催時期のみ放送している局もある。

かつて録音版をネットしていた放送局[編集]

番組コーナー[編集]

文化放送・同時ネット各局[編集]

  • 高田のTOPIX - 高田純次が、この1週間の自身の近況を語る。
  • 純ちゃんのNEWブラボーパラダイス - 「女性限定でゲストを迎え、PRしてもらうとともに、高田純次に口説かれまくる」というもの。当初は17時台に放送されていた「純ちゃんのブラボーパラダイス」というコーナーで、1主に東京都内のキャバクラに勤める女性をゲストに迎えてお店の宣伝をさせるコーナーだったが、同時ネット局の開始によりリニューアル。時期的に話題になっていたり、放送予定番組の宣伝を担う女性芸能人が出演するようになった。また、後述の「グラドルパラダイス」の開始に伴い男性も出演するようになった。
  • マンスリーピックアップ - 月替わりのテーマで、リスナーからの電話・FAX・メールを紹介する。当初は2部構成であり、1部が電話・FAX・メール紹介、2部がリスナーからの生電話であったが、ネット局の開始に伴い、電話・FAX・メール紹介のみとなった。なお、同時ネットの開始後も、リスナーからの生電話をごく稀に行っている。
  • リクエストパラダイス - 洋邦楽問わずヒット曲や昔ヒットしたのに近年忘れ去られた曲をリクエスト、採用されると最高5000円の賞金がもらえる。
  • グレート高田の人生経典 - 高田扮する「人生の師:グレート高田先生」に、悩みを解決してもらう。後述の「女性課長応援プロジェクト」のコーナー開始に伴い、一時休止していた。背景音楽は、モーツァルト交響曲40番第三楽章
  • 色エロ川柳パラダイス - 「マンスリーピックアップ」の「色エロ川柳コンテスト」からの派生コーナー。リスナーの妄想や願望、恋愛体験などを川柳にして高田師範が紹介。テーマ音楽は、島倉千代子人生いろいろが使われているが、「いろ」の部分が高田が「エロ」と付け足している。
  • 時間までトーク(16時台のエンディング間際)

文化放送のみ[編集]

  • 交通情報 - 当初は番組中盤の16:35頃に挿入されていたが、地方局への同時ネット開始以降は飛び降り後の16:58に移動した。
  • グラドルパラダイス - 2010年にはじまったコーナー。高田純次がクイズに答え、正解するとゲスト出演しているグラビアアイドルからの「ごほうび」がある。

30分録音版[編集]

  • 文化放送および同時ネット各局のものとは違った内容(ゲストとのクイズなど)で放送している。また、お便りの送り先も「お聞きの放送局」での紹介となっている。

過去[編集]

  • 純ちゃん・みっちゃんのその点どーかな?(関東ローカル時代) - リスナーからの質問にパーソナリティが答えていく。コーナーの進行は水谷加奈アナウンサー。
  • パラダイスリクエスト
  • 女性課長応援プロジェクト - 課長に限らず、キャリアウーマンからの悩みに答えていく。
  • エンタメパラダイス - 以下のコーナーを、毎週交代で行う。
    • シネマパラダイス - 高田扮する「映画評論家の先生」と河合美智子が、お薦めの映画を紹介していく。最後に星の数で評価する。
    • クイズ!イントロパラダイス - 電話で出演したリスナーが、イントロクイズに挑戦し、正解すれば5千円の賞金をプレゼント。

裏送りによる放送[編集]

キー局の文化放送がスポーツスペシャルなどで放送ができない場合、番組の一部または全てがネット局への裏送りになることがある。本来の同時ネット終了時点で文化放送での放送がない場合は、そこでエンディングの挨拶が行われ番組が終了する。また、文化放送が飛び乗り(途中乗り)の場合は番組途中で「文化放送をお聞きのみなさん、こんにちわ」の挨拶をしている。

イメージソング[編集]

「東京パラダイス」

関連項目[編集]

文化放送 土曜日16:00 - 17:15枠
前番組 番組名 次番組
高田純次・早見優(河合美智子)の
東京ブロードウェイ
高田純次・河合美智子の
東京パラダイス