高田誠 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高田 誠
読売ジャイアンツ コーチ #76
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江東区
生年月日 (1964-06-09) 1964年6月9日(53歳)
身長
体重
179 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 1986年 ドラフト3位
初出場 1988年4月10日
最終出場 1998年5月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1999 - 2005, 2012 - 2013, 2016 - )

高田 誠(たかだ まこと、1964年6月9日 - )は、東京都江東区出身の元プロ野球選手捕手)、指導者。

来歴・人物[編集]

法政二高2年の秋に三塁手から捕手に転向し、1982年夏の甲子園に五番打者として出場。3回戦に進むが東洋大姫路に敗退[1]。卒業後は法政大学に進学。東京六大学リーグでは在学中4回優勝、1984年1985年全日本大学野球選手権大会でも優勝を経験。1985年から2年連続で日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。1986年度には主将を務めた。大学同期に石井丈裕猪俣隆投手がいる。

1986年のドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。2年目の1988年には開幕一軍を勝ち取った。故障で出遅れていた山倉和博に代わる正捕手として期待されたが打撃面で伸び悩み、ベテランの有田修三に出番を奪われた。翌1989年以降は中日から加入した中尾孝義や、若手の村田真一吉原孝介らの活躍で出場機会に恵まれず、1991年シーズン終了後に藤田浩雅との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍した。

移籍当初は中嶋聡に次ぐ2番手捕手という立場であったが、1993年には中嶋の不調もあって正捕手の座を獲得。同年に記録したプロ7年目での初本塁打は大学同級生の石井丈裕から打った。1994年に自己最多となる109試合に出場する。1995年には中嶋にポジションを奪還されるが、1996年には再び正捕手に定着、90試合に先発マスクを被る。高いリード力でチームの連覇に貢献し、同年の日本シリーズで古巣巨人と対戦。全試合に出場し、日本一を決めた瞬間もマスクを被った。同年のゴールデングラブ賞を受賞。1998年シーズン限りで現役を引退。

引退後は巨人に8年ぶり復帰し、二軍バッテリーコーチに就任。その後は一軍バッテリーコーチ、チーフスコアラー、一軍ブルペンコーチ、二軍ファームディレクター補佐を歴任した。2016年から再び二軍バッテリーコーチに就任する[2]

オリックス時代の応援歌はゴールドライタンの主題歌の替え歌。

指導歴[編集]

  • 1999年-2003年 巨人 二軍バッテリーコーチ
  • 2004年-2005年 巨人 一軍バッテリーコーチ
  • 2012年-2013年 巨人 一軍ブルペンコーチ
  • 2016年-    巨人 二軍バッテリーコーチ  

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 巨人 28 48 45 2 10 0 0 0 10 3 0 0 1 0 2 0 0 13 1 .222 .255 .222 .478
1989 3 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 .000 .333 .000 .333
1991 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1992 オリックス 56 155 132 8 36 8 1 0 46 18 0 0 7 3 12 0 1 14 3 .273 .331 .348 .680
1993 92 266 219 20 44 8 2 3 65 22 0 2 9 3 32 1 3 44 5 .201 .307 .297 .604
1994 104 352 295 39 80 19 1 3 110 36 2 2 15 4 36 1 2 43 7 .271 .350 .373 .723
1995 49 91 82 6 16 1 1 0 19 4 0 1 5 0 4 0 0 21 2 .195 .235 .232 .467
1996 72 176 150 17 33 4 1 3 48 14 0 1 6 0 19 0 1 24 1 .220 .312 .320 .632
1997 42 53 46 4 12 2 0 0 14 3 0 0 2 0 5 0 0 13 0 .261 .333 .304 .638
1998 19 45 39 2 5 3 0 1 11 1 0 0 3 0 3 0 0 6 1 .128 .190 .282 .472
通算:10年 467 1190 1011 98 236 45 6 10 323 101 2 6 48 10 114 2 7 178 21 .233 .313 .319 .632

年度別守備成績[編集]


捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1988 28 16 14 2 .125
1989 3 1 1 0 .000
1991 1 0 0 0 -
1992 47 44 33 11 .250
1993 84 533 41 2 6 1 .997 75 57 18 .240
1994 103 692 48 3 7 5 .996 69 51 18 .261
1995 22 11 6 5 .455
1996 66 36 23 13 .361
1997 37 18 13 5 .278
1998 19 10 7 3 .300
通算 410 280 205 75 .268

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1987年 - 1991年)
  • 38 (1992年 - 1998年)
  • 76 (1999年 - 2005年、2012年 - 2013年、2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 来季の一、二軍コーチングスタッフについて - 読売巨人軍公式サイト(2015年10月27日)

関連項目[編集]