高田 (長野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 中部地方 > 長野県 > 長野市 > 古牧地区 > 高田北条町南高田一〜二丁目

高田(たかだ)は、長野県長野市の市街地東部郊外に広がる地域(大字)。

全域が長野市役所古牧支所の管内である。

町名整理により大字高田から分かれた北条町南高田一・二丁目についても本項で扱う。居町については、鶴賀 (長野市)#居町を参照

概要[編集]

地域北部を国道19号、地域南部を長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)が東西に横切り、東寄りを国道18号が南北に走る道路交通の要衝である。

慶長末期に裾花川の瀬替えが行われるまでは裾花川は当地域を横切っており、地名からも分かるように古くは平坦な田園地帯であった。しかし長野市街地までバスで10分程度という好立地で、戦後急速に宅地化が進んだ。現在では南東部の緑ヶ丘小学校付近を除いて、ほぼ全域が住宅地である。

地区内の人口及び世帯数は以下の通り(平成26年4月1日現在)[1]

世帯数 人口
大字高田(北条)
・北条町
772世帯 1,772人
大字高田(中村) 527世帯 1,103人
大字高田(川端) 950世帯 2,303人
大字高田(五分一) 856世帯 2,031人
大字高田(上高田) 1,207世帯 3,014人
大字高田(南高田)
・南高田一〜二丁目
1,303世帯 3,477人
5,615世帯 13,700人

沿革[編集]

大字高田、北条町、南高田一・二丁目の範囲は、概ね1876年明治9年)時点の水内郡高田村の範囲に相当する。

旧高田村〜古牧村の歴史
長野市高田の歴史

北条町[編集]

北条町(きたじょうまち)は、高田地区北西部の町。郵便番号381-0035

町の南端を国道19号が東西に通過し、北西の端をしなの鉄道北しなの線北陸新幹線が通過している。周囲は以下の大字町丁と接する。

地区全域が住宅地である。

交通[編集]

路線バス[編集]

国道19号上にアルピコ交通川中島バス)の中村停留所があり、以下の路線系統が利用できる。

施設[編集]

  • 信陽食品 本社・工場

高田(大字)[編集]

高田(たかだ)は、長野市街地の東郊外にある地区(大字)。郵便番号381-0034

地区の北部を北八幡川、南部を南八幡川が流れる。北部を国道19号・南部を長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)が横断し、東寄りを国道18号が縦走する。周囲は以下の大字・町丁と接する。

上高田のMEGAドン・キホーテ長野店(旧長崎屋長野店)

地区内は概ね住宅地で占められるが、区画整理は行われておらず田の区割りが残る。

幹線道路4本が交差する地区であり、長野市の自動車交通の要衝となっている。特に地区北東にある西尾張部交差点は国道18号と国道19号(終点)とが交差するため、渋滞が多発しており、PI方式による改良が行われた[2]。また国道18号と県道58号(エムウェーブ大通り)が交差する上高田北交差点周辺には大型店が軒を連ねており、買い物客の車で込み合う。

交通[編集]

路線バス[編集]

国道19号を走るアルピコ交通川中島バス)の以下の路線系統が利用できる。

長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)を走る長電バスの以下の路線系統が利用できる。

施設[編集]

北条[編集]

中村[編集]

式内社・守田迺神社

川端[編集]

五分一[編集]

長野市立古牧小学校

上高田[編集]

南高田[編集]

南高田[編集]

南高田(みなみたかだ)は、高田地区東部の地区。南高田一・二丁目がある(住居表示未施行)。郵便番号381-0033

町の南端を長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)が東西に通過している。周囲は以下の大字町丁と接する。

地区南端を走る県道58号長野須坂インター線。写真右側が南高田一丁目

地区全域が区画整理された住宅地である。

交通[編集]

路線バス[編集]

長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)を走る長電バスの以下の路線系統が利用できる。

施設[編集]

南高田一丁目[編集]

南高田二丁目[編集]

開店当時は日本最大の売り場面積だったアオキ長野南高田店
  • AOKI 長野南高田店 - 長野市はAOKIの発祥の地であり、同店は1982年昭和57年)の開店当時、紳士服専門店の売り場面積が日本最大だった
  • 長野市立三陽中学校 - 正確には同校の敷地のみ大字高田に属する


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]