高畠華宵大正ロマン館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 高畠華宵大正ロマン館
Takabatake Taisho roman.jpg
高畠華宵大正ロマン館の位置(愛媛県内)
高畠華宵大正ロマン館
愛媛県内の位置
施設情報
正式名称 高畠華宵大正ロマン館
愛称 大正ロマン館
前身 足立の庄
専門分野 高畠華宵の作品
収蔵作品数 4300[1]
来館者数 7000(2006年)[1]
館長 高畠澄江[2](大正イマジュリィ学会副会長[3]
学芸員 高畠麻子(主任学芸員[3]
小嶋洋子(嘱託学芸員[4]
建物設計 宮内古勝[5]
開館 1990年10月[2]
所在地 791-0222
日本の旗 日本 愛媛県東温市下林丙654-1
位置 北緯33度46分8.5秒 東経132度53分7.7秒 / 北緯33.769028度 東経132.885472度 / 33.769028; 132.885472座標: 北緯33度46分8.5秒 東経132度53分7.7秒 / 北緯33.769028度 東経132.885472度 / 33.769028; 132.885472
アクセス 伊予鉄道横河原線見奈良駅から車で約8分
松山自動車道川内ICから車で約10分
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

高畠華宵大正ロマン館(たかばたけかしょうたいしょうロマンかん)は、愛媛県東温市にある美術館である。元々はファームが開設した足立の庄と呼ばれる大正ロマンをテーマとしたテーマパークの付随施設として建築されたが、足立の庄が閉鎖された時に独立運営となった[1]

概要[編集]

1990年温泉郡重信町(当時)に「足立の庄」と共に開館[1]高畠華宵の雑誌の表紙・挿絵・日本画など多岐にわたる貴重なコレクション4300点を収蔵している。2001年に「足立の庄」が閉鎖[1]。跡地は愛媛わんわん村となったが、愛媛わんわん村も2006年8月31日で閉鎖となった。大正ロマン館の入場者数は、オープン当初年間7万人であったが、2006年までに年間7000人に減った[1]。建物は自己所有であったが、土地は民間企業からの賃借であった[1]。また付随するテーマパークが廃止され、立地も郊外であるために集客力を不安視されている[1]2004年に「大正イマジュリィ学会」を設立、一般からも会員を募っている。

特記事項[編集]

  • 美術館だけでなく高畠華宵に関するグッズの店や喫茶「カフェ・カショー」がある。
  • 展示室の一部を「東温ギャラリー」として一般に貸し出している。
  • 毎週土・日・月曜開館(臨時休館あり)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 岐路に立つ大正ロマン館(東温) 隣接施設きょう閉園 集客への影響懸念 今後の運営方針模索 2006年08月31日 愛媛新聞 朝刊 総二 (全635字)
  2. ^ a b 高畠華宵大正ロマン館”. サントリー地域文化賞. サントリー文化財団 (2000年5月). 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ a b 会則・役員名簿”. 大正イマジュリィ学会 (2012年3月17日). 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ 「大正イマジュリィ学会」第26回研究会”. 高畠華宵大正ロマン館ブログ (2012年7月20日). 2014年1月27日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 会社概要”. 株式会社 宮内古勝建築事務所. 2014年1月27日閲覧。