高畠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高畠駅*
Takahata Station ekisha.JPG
東口駅舎
たかはた
Takahata
山形県東置賜郡高畠町大字山崎200-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 タハ
ヌカ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
761人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1900年明治33年)4月21日
乗入路線 2 路線
所属路線 山形新幹線
キロ程 49.9km(福島起点)
東京から322.7km
米沢 (9.8km)
(6.2km) 赤湯
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 49.9km(福島起点)
置賜 (4.3km)
(6.2km) 赤湯
備考 業務委託駅
みどりの窓口
* 1991年に糠ノ目駅から改称[1]
テンプレートを表示
糠ノ目駅
ぬかのめ
Nukanome
(2.1km) 一本柳
所属事業者 山形交通
所属路線 高畠線
キロ程 0.0km(糠ノ目起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1922年大正11年)3月16日
廃止年月日 1974年昭和49年)11月18日
テンプレートを表示
自由通路と西口駅舎

高畠駅(たかはたえき)は、山形県東置賜郡高畠町大字山崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

当駅は奥羽本線上を走るミニ新幹線である山形新幹線の停車駅となっている。一方、奥羽本線の在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。山形新幹線の列車はおよそ半数(主に山形発着列車)が停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。2番線が本線となっているため、通過列車は2番線を走行していく。

現在の2代目駅舎は東側に置かれている。当駅の所在地の高畠町は、「日本のアンデルセン」と呼ばれた浜田広介の出身地であり、当駅は童話をイメージしたメルヘン調の建物となっている[8]

JR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅米沢駅管理)。駅レンタカー設置(クレジットカードでの支払いはできない[9])。みどりの窓口(営業時間 6:40 - 21:00。列車が来ない時間帯を中心に休憩時間あり)、自動券売機設置駅。券売機は2007年9月に更新され、JR東日本の駅で多く見られるタッチパネル式券売機になった。これによって、「つばさ号自由席特急券も券売機で購入できるようになった。

駅構内に温泉(高畠町太陽館)がある[5]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 山形新幹線
山形線
下り 山形新庄方面[10]
上り 福島方面[10]
2 山形新幹線
山形線
下り 山形・新庄方面[10]
山形線 上り 福島方面[10]
  • 2番線は停車列車同士の行違いの際に使用する。

高畠町太陽館[編集]

太陽館
  • 利用時間:7:00 - 22:00(最終入場:21:30)
    • 定休日:毎月第2月曜日。但し、休日の場合は翌日。
  • 利用料金:300円(大人)、100円(こども)
    • 休憩料:入浴とセットで500円(大広間利用。利用時間:7:00 - 20:00)
  • 泉質・効能:アルカリ性単純泉・疲労回復・筋肉痛・五十肩・関節のこわばり、うちみ など

利用状況[編集]

JR東日本によると、2019年度(令和元年度)の1日平均乗車人員は761人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 793 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 767 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 723 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 693 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 731 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 839 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 880 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 860 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 835 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 816 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 838 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 857 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 887 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 931 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 881 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 894 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 881 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 865 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 844 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 761 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

※高畠市街地(高畠町役場・高畠郵便局)へは車またはタクシーで約10分。山形交通高畠線代替の町営バスは2005年11月に廃止、乗合タクシーに移管されたが利用できるのは、事前登録した高畠町民のみ。

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形新幹線
米沢駅 - 高畠駅 - 赤湯駅
奥羽本線(山形線)
置賜駅 - 高畠駅 - 赤湯駅

かつて存在した路線[編集]

山形交通
高畠線
糠ノ目駅 - 一本柳駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

  1. ^ a b “最後の切符で観光売り込み - 山形・高畠町” 北海道新聞 (北海道新聞社): p25. (1991年3月21日 朝刊)
  2. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1922年3月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 昭和32年2月21日読売新聞山形読売
  4. ^ a b “高畠駅を直営化”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1992年7月2日) 
  5. ^ a b “温泉つき駅舎が好評 - 山形・高畠町” 北海道新聞 (北海道新聞社): p17. (1992年11月10日 朝刊)
  6. ^ “「新幹線eチケットサービス」が始まります!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、西日本旅客鉄道, (2020年2月4日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf 2020年5月25日閲覧。 
  7. ^ “タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf 2020年11月13日閲覧。 
  8. ^ “駅すてーしょん 高畠(奥羽線)”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1995年5月17日) 
  9. ^ 料金のお支払い駅レンタカー公式サイト
  10. ^ a b c d 時刻表 高畠駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月17日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月12日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。

関連項目[編集]