高知大学教育学部附属中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高知大学教育学部附属中学校
過去の名称 高知師範学校附属中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人高知大学
併合学校 高知師範学校男子部附属中学校
高知師範学校女子部附属中学校
設立年月日 1947年4月1日
開校記念日 11月6日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
中学校コード 390001[1]
所在地 780-0915
高知県高知市小津町10番91号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

高知大学教育学部附属中学校(こうちだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう、Junior High School Attached to the Department of Education, Kochi University)は、高知県高知市に所在する高知大学教育学部附属の国立中学校。通称は「附中(ふちゅう)」「附属中(ふぞくちゅう)」。同じ敷地に附属小学校がある。

概要[編集]

  • 教育学部附属の中学校として、研究と実習を目的とした学校運営がなされている。
  • 附属高校が無いため、中学卒業後は他の高校に進学することとなる。
  • 1学年の定員は140名で、男女各70名ずつ(このうち男女各約35名は高知大学教育学部附属小学校から入学する。ただし受験が必要)。A組・B組・C組・D組の4クラスに分かれ、1クラスの定員は35名。
  • 1時間程度までの通学圏で親権者と同居していることが入学の条件。下宿通学は認めていない。

沿革[編集]

制服[編集]

冬服[編集]

  • 女子
    ブラウスの上に紺のジャンパースカートを着て、その上に紺のブレザーを着用する。ジャャンパースカートは左胸のところに、ブレザーは左の襟のところに校章が刺繍されている。ジャンパースカートには、学校指定のベルトを着用する。
  • 男子
    Yシャツの上に学生服を着用する。シャツには襟に校章が刺繍されている。ズボンには、学校指定のベルトを着用する。

夏服[編集]

男女ともに指定のカーディガンを着用可。

体操服[編集]

  • 男女ともに校章と名前の刺繍入りの半袖シャツに紺のズボン。
  • ジャージ
    男女とも青で、左胸に校章が入ったもの。しかし、男女で襟の内側のデザインが多少異なる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高知県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 教育開発出版株式会社. 2018年12月13日閲覧。