高知県畜産試験場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

高知県畜産試験場(こうちけんちくさんしけんじょう、Kochi Prefectural Livestock Experiment Station)は、高知県における畜産業の研究・指導を目的として設置された高知県立の研究所。本場は高知県高岡郡佐川町にある。(チャボなどの)愛玩鶏の種保存を行っている事でも知られる。

概要[編集]

「高知県種畜場」として1924年(大正13年)に長岡郡長岡村東崎(現在の南国市)に設立。翌年に高岡郡東叉村(現:高岡郡窪川町)の国立種馬場後に移転。

組織[編集]

組織の長は所長である。

  • 高知県高岡郡佐川町中組1247に設置
    • 大家畜科-土佐褐色牛の種保存や改良を担当
    • 中小家畜科-地鶏の開発や、高知県を原産とする8種の愛玩鶏を中心に、愛玩鶏の種保存を担当
    • 環境飼料科-草地の放牧利用促進に関する研究や、飼料作物の品種選定などを担当

沿革[編集]

  • 1966年(昭和41年)- 高知県畜産試験場改称し、総務課・乳牛科・肉用牛科・養豚科・草地科を設置
  • 1969年(昭和44年)- 現在地に移転
  • 1971年(昭和46年)- 高知県種鶏場を統合し、総務課・乳牛科・肉用牛科・養豚科・草地科・卵用鶏科・肉用鶏科を設置
  • 1990年(平成2年)- 家畜ふれあい広場を開設
  • 1993年(平成5年) - (一般向けに)家畜学習館を解説
  • 1994年(平成6年)- 組織改正により総務課・大家畜科・環境養豚科・経営飼料科・繁殖技術科・養鶏科と改変
  • 1998年(平成10年)- 組織改正により総務課・大家畜科・養豚科・環境飼料科・繁殖技術科・養鶏科と改変
  • 2003年(平成15年)- 高知県立農業大学校佐川分校を開設
  • 2005年(平成17年)- 組織改正により総務課・大家畜科・中小家畜科・環境飼料科・研究企画員と改変

主な業績[編集]

  • 土佐ジロー・はちきん地鶏の開発。土佐褐色牛の種保存および改良。愛玩鶏の種保存。

現在の飼養頭羽数[編集]

  • 乳牛-約10頭
  • 肉用牛-約110頭(種牛も含む)
  • -約10匹
  • -約4000羽。そのうち30%が種保存の愛玩鶏である上、展示用に別に所有している

その他[編集]

  • 肉用牛と鶏が極端に多く、豚と乳牛の数が極端に少ない
  • 天然記念物に指定されている34種の日本鶏(愛玩鶏)のうち高知県原産の鶏は8種類おり、土佐ジローペット仕様のプチコッコを入れると高知県原産の愛玩鶏は9種類おり、愛玩鶏の種保存を行う極めて稀有な畜産試験場である。
  • 家畜ふれあい広場で飼育されている動物は、多数の愛玩鶏・ウサギオシドリアヒル・ペット用のミニブタ

関係項目[編集]