高知県知事賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高知県知事賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 高知県競馬組合
競馬場 高知競馬場
創設 1969年12月28日
2017年の情報
距離 ダート2400m
格付け 重賞
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上オープン、高知所属
負担重量 定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
出典 [1]
テンプレートを表示

高知県知事賞(こうちけんちじしょう)は高知県競馬組合高知競馬場ダート2400メートルで施行する競馬重賞競走である。正式名称は「GRAND PRIX 高知県知事賞」。

副賞は、高知県知事賞、高知県馬主協会会長賞。

概要[編集]

同競馬場で行われる重賞競走では、グランプリレースとして最も格の高い競走とされ、最長距離の競走でもある。ダートグレード競走である黒船賞を除くと最高金額の賞金[2]となっている。以前は年始に行われていたが、1999年(第30回)より大晦日に行われている。

2008年から2011年までは近畿・中国・四国交流、2012年は中国・四国交流として行われた。

条件・賞金(2017年)[編集]

出走条件
サラブレッド系3歳以上、高知所属。
珊瑚冠賞で上位3着までに入った馬に優先出走権がある[1]
負担重量
定量、3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減
賞金額
1着500万円、2着125万円、3着75万円、4着50万円、5着25万円、6着以下12万5000円[1]

歴史[編集]

  • 1969年 - 12月下旬に組合記念として創設。この年のみ2410mにて施行。以降は2200m。
  • 1971年 - 組合設立記念として開催。この年のみ1月上旬開催。
  • 1979年 - レース名を南国特別に改称。
  • 1984年 - レース名を新春杯に改称し、1月開催に移行。
  • 1986年
    • 前年4月に移転された新競馬場にて開催。
    • 距離を2200mから2400mに延長。
  • 1999年
    • 第29回開催より現在の名称である高知県知事賞に改称。
    • 第29回開催で、鷹野宏史が騎手として史上初の3連覇。
    • 第30回開催より毎年12月31日に施行するようになる。
  • 2003年

歴代優勝馬 (1994年以降)[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第24回 1994年1月16日 シクレノンブルース 牡9 高知 2:45.6 田中守 門行儀
第25回 1995年1月8日 ライトオレオール 牡9 高知 2:43.4 西内忍 平和人
第26回 1996年1月7日 ミョウエイアリー 牝9 高知 2:47.2 花本正三 細川忠義
第27回 1997年1月3日 パープルマジック 牡8 高知 2:45.8 鷹野宏史 濱田隆憲
第28回 1998年1月4日 マルカイッキュウ 牡8 高知 R2:36.9 鷹野宏史 松岡利男
第29回 1999年1月3日 マルカイッキュウ 牡9 高知 2:41.4 鷹野宏史 松岡利男
第30回 1999年12月31日 ウォーターダグ 牡5 高知 2:42.6 西川敏弘 大関吉明
第31回 2000年12月31日 ダイタクカミカゼ 牡8 高知 2:43.7 鷹野宏史 松岡利男
第32回 2001年12月31日 ウォーターダグ 牡6 高知 2:45.5 西川敏弘 大関吉明
第33回 2002年12月31日 ウォーターダグ 牡7 高知 2:45.1 西川敏弘 大関吉明
第34回 2003年12月31日 カコイサンデー 牡9 高知 2:48:2 西川敏弘 大関吉明
第35回 2004年12月31日 イブキライズアップ 牡6 高知 2:45:3 花本正三 宮路洋一
第36回 2005年12月31日 シルバークロス 牡3 高知 2:48:7 中西達也 松木啓助
第37回 2006年12月31日 サンエムウルフ 牡6 高知 2:48.5 倉兼育康 別府真司
第38回 2007年12月31日 スペシャリスト 牡5 高知 2:47.5 赤岡修次 田中守
第39回 2008年12月31日 トサローラン 牡6 高知 2:51.2 中西達也 松木啓助
第40回 2009年12月31日 ゴッドセンド 牡7 高知 2:48.9 中西達也 炭田健二
第41回 2010年12月31日 フサイチバルドル 9 高知 2:48.8 赤岡修次 田中守
第42回 2011年12月31日 キングサラディン 牡6 高知 2:52.6 岡田祥嗣 雑賀正光
第43回 2012年12月31日 グランシュヴァリエ 牡7 高知 2:43.3 永森大智 雑賀正光
第44回 2013年12月31日 グランシュヴァリエ 牡8 高知 2:42.2 永森大智 雑賀正光
第45回 2014年12月31日 リワードレブロン 牡6 高知 2:45.4 永森大智 雑賀正光
第46回 2015年12月31日 ブランクヴァース 牡6 高知 2:46.0 西森将司 別府真司
第47回 2016年12月31日 リワードレブロン 牡8 高知 2:44.0 永森大智 雑賀正光
第48回 2017年12月31日 フリビオン 牡3 高知 2:45.1 西川敏弘 中西達也
第49回 2018年12月31日 ティアップリバティ 牝5 高知 2:43.5 宮川実 打越勇児

Rは、コースレコードを示す。

各回競走結果の出典[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 平成 29 年度 高知競馬番組編成要領 (PDF)”. 高知けいばオフィシャルサイト. 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ 2009年度の一般的な重賞競走での1着賞金は50万円であるのに対し、同競走の1着賞金は2倍以上の135万円である。

関連項目[編集]